【7月23日〜27日】東京近郊で開催される花火大会4選!都内から日帰りで楽しめる花火特集!のキャッチ画像

写真拡大

2016年7月23日(土)から27日(水)に東京近郊で開催される花火大会を厳選して4つご紹介します。7月ももうすぐ終わり。学生さんは夏休みに突入した方も多いのではないでしょうか?東京近郊では、趣向を凝らした花火を楽しめる花火大会が次々に行われます。花火の予定をチェックして、今年の夏にしか作れない思い出をたくさん作りましょう!

第38回 足立の花火 【7月23日(土)】

東京では先頭をきって開催される「足立の花火」。東京にいち早く花火の音を轟かせます。1時間の間に約13,500発が打ち上げられ、間髪入れずに次々と綺麗な花火が夜空を彩ります。花火の種類も豊富な「足立の花火」。東京で今年一発目の花火に足を運んでみてください。

第2回 富津市民花火大会 【7月23日(土)】

富津市民が自分たちの手でつくる花火大会「富津市民花火大会」。財政難と戦う冨津市に代わり、地元の有志たちを中心にボランティアと寄付金のみで2015年に初開催されました。そして今年は市との共催で、昨年の3倍という規模の花火を予定しています。

葛飾納涼花火大会 【7月26日(火)】

オープニングから豪快に花火が打ち上げられる「葛飾納涼花火大会」。東京では今季2回目の花火大会です。「和火」という日本最古の花火から最新式花火までが打ち上げられ、花火の良さをじっくりと感じることができます。

ふなばし市民まつり 船橋港親水公園花火大会 【7月27日(水)】

「ふなばし市民まつり」のフィナーレを飾るのが「船橋港親水公園花火大会」です。光のデジタル技術を駆使した花火が特徴。毎年テーマが決まっており、お客さんは今年はどんな花火が見られるのかドキドキ・ワクワクしながらその時を待ちます。今年はあなたもその一員になってみませんか?