デスモスチルスの特別展が大阪・海遊館で開催中!日本近海にいた古代生物を紹介のキャッチ画像

写真拡大

大阪市の海遊館で、企画展「デスモスチルスのいた地球 〜謎だらけの古代生物たち〜」が7月15日から2017年春まで開催されます。展示の目玉はタイトル通り、デスモスチルスです。企画展の開催に先立ち、海遊館が京都大学・大阪大学・神戸大学の現役学生約300人を対象に、デスモスチルスに関するアンケートを行ったところ、84.3%がデスモスチルスを知らないと答えました。デスモスチルスとは一体何なのでしょうか。ここで企画展の内容も含めてご紹介します。

企画展「デスモスチルスのいた地球 〜謎だらけの古代生物たち〜」

世界最大級の水族館「海遊館」には、約620種類もの海の生き物たちが集っています。ここで来年の春まで開催する「デスモスチルスのいた地球 〜謎だらけの古代生物たち〜」は、日本と縁が深いと言われている謎の生物「デスモスチルス」の企画展です。

●企画展の内容

デスモスチルスの化石レプリカや生態の謎をまとめた解説ムービーの上映をはじめ、タブレット端末で自由にデスモスチルスの模様と体のパーツをデザインできる子ども向けのゲームなどが用意されています。ほかにも海遊館で人気のイルカやアシカの祖先たち、ペンギンに似た絶滅生物「ペンギンモドキ」などを紹介。海に関わる古代生物の謎に焦点を当てた内容です。1967年にフランスから日本に初めて持ち込んだ、生きた化石・シーラカンスの実物標本も展示されています。

デスモスチルスとは?

デスモスチルスは、紀元前3000万年前から1000万年前にかけて生息していたと言われている古代生物です。ラテン語で「束ねられた(デスモス)柱(スチルス)」の意味を持ちます。海苔巻を並べたような不思議な形状の奥歯を持っていたことが名前の由来です。化石が初めて発見されたのは100年以上前ですが、想像図はあってもどんな姿で、どこに住み、何を食べて動いていたかは分かっていません。古生物学の世界では、ナゾの哺乳類として名高い存在です。現存する化石のほとんどが北海道から島根県までの日本各地で発見されており、日本に縁が深い謎の生物とされています。

●デスモスチルスについて、アンケートを行った結果

デスモスチルスを知らない方も多いと思います。企画展の開催に先立ちデスモスチルスに関するアンケートが行われましたが、関西の国立大学生の84.3%、海遊館の飼育員の75%がデスモスチルスを知らなかったと回答しました。なおデスモスチルスは中学・高校の地学の教科書に掲載されており、知っていると答えた大学生のほとんどが高校時代に地学で学んだと答えています。

●デスモスチルスに対して、ほかの動物の声

デスモスチルスについてほかの動物たちにも尋ねたところ、次の回答が返ってきました。
※回答の内容はすべてフィクションです。

デスモスチルスをはじめとした古代生物の不思議と面白さを、海遊館で体感してみませんか。

イベント詳細
名称:企画展「デスモスチルスのいた地球 〜謎だらけの古代生物たち〜」
会場:海遊館 エントランスビル4階 企画展示コーナー
住所:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
開催期間:開催中〜2017年春(終了日詳細未定)
開催時間:2016年8月31日(水)までは 9:30〜20:00、8月11日(木・祝)〜15日(月) 8:30〜20:30  ※9月以降は営業カレンダーによる
休館日:年内は休まず営業
入場料:無料(海遊館の入館料含む)
公式サイト:http://www.kaiyukan.com/index.html