デジタル時代の博物学者による「冒険の書」:『ザ・プラットフォーム』著者・尾原和啓に聞くケヴィン・ケリー最新刊【刊行イヴェント満員御礼】

写真拡大

7月23日に発売となる『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』。『WIRED』US版の創刊編集長が、これから30年のあいだに訪れる12の不可避な潮流を読み解いた待望の最新刊である。同日に開催される刊行イヴェントで、ケヴィン・ケリーと対談を行う尾原和啓は、この本は「冒険の書」だという。ベストセラー『ザ・プラットフォーム』の著者としても知られる尾原に、新刊そして対談への思いを聞いた。

「デジタル時代の博物学者による「冒険の書」:『ザ・プラットフォーム』著者・尾原和啓に聞くケヴィン・ケリー最新刊【刊行イヴェント満員御礼】」の写真・リンク付きの記事はこちら
尾原和啓|KAZUHIRO OBARA
1970年生まれ。京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、リクルート、ケイ・ラボラトリー(現:KLab、取締役)、コーポレートディレクション、サイバード、電子金券開発、リクルート(2回目)、オプト、グーグル、楽天(執行役員)の事業企画、投資、新規事業などを歴任。現職は12職目 Fringe81の執行役員を兼任しつつ、バリ島をベースに人・事業を紡ぐカタリスト。ボランティアで「TEDカンファレンス」の日本オーディション、「Burning Man Japan」に従事するなど、西海岸文化事情にも詳しい。

INFORMATION

【満員御礼】7/23開催! ケヴィン・ケリー新刊刊行記念イヴェント

現在もっとも尊敬されるデジタルカルチャーの論客である『WIRED』の創刊編集長ケヴィン・ケリー。2016年のSXSWにも登壇し話題をさらったテック界随一のグルが、今夏発売となる新刊『〈インターネット〉の次に来るもの』とともに来日。7月23日(土)は、ケリーの特別講演+ベストセラー『ザ・プラットフォーム』の著者・尾原和啓を迎えたトークセッションも開催(詳細はこちら。チケットは完売いたしました)。ケヴィン・ケリー関連のアーカイヴ記事はこちらより。

──ケヴィン・ケリーの新刊『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』という本では、いったい何が語られているのでしょう。

まず、原題『The Inevitable(避けられないもの)』がよいですね。ここにケヴィン・ケリーが伝えようとしているアティテュードが込められているように感じました。

「Inevitable」という単語は、目の前に来たものを避けるため、ひとりでに体が強張ってしまうような状態を想起させます。人間が、もう避けられないような変化に直面することが確定しているなかで、どう変化を積極的に利用して生きていくかが問われている本なのです。

──「避けられない」何かが来るから、備えよということでしょうか。

そうです。ただ「避けられない」怖さというのは、何がくるかわからないことに起因している。伊藤穰一氏が言うように、変化が激しい時代では未来が予測できない。ただその一方で、未来が向かっている方向性はわかる。それが本書で「SHARING(すべてのプロセスを共有すること)」、「REMIXING(既存の素材を再構成すること)」など、現在進行形の動詞で示されている「12の法則」です。

この「12の法則」はぼくたちにとってのコンパスのようなものです。いまは地図は役に立たない時代だから、コンパスが大切になっていく。これから先どういうことが起きるかわからないが、このコンパスを使ってみんな冒険を始めよう。そんなことが書かれている。だから、この本は「冒険の書」なのです。

冒険する前は、誰でもドキドキします。知らないことに向かうときの、期待と恐怖が入り混じっている気持ち。言い換えれば、そんな感情が『〈インターネット〉の次に来るもの』には詰まっています。

──ただ、恐怖のため冒険に踏み出せない人も多いのでは?

初等教育において褒めるべきなのは、子どもがどれだけ成長したかの結果ではなく、自らの快適な場所(Comfortable Zone)から一歩踏み出すチャレンジをしたかだといわれています。心地よく生きられる場所から出てでも、新しい自分を得ようとすることに価値があり、そのことを喜びや誇りに変えて生きていける人間を育てていくのが大事なのだとということです。

ただおっしゃる通り、人間には生存のために「恐れる」という機能が残念ながら組み込まれてしまっています。例えば、道端に落ちているヒモを見てヘビと思う人間と、ヘビをヒモと思う人間がいたとします。前者の方が生き残る可能性は高いでしょう。

だから、生物の淘汰の原理でいえば、人間は何かを見たときに、恐怖に反応しやすい体になってしまっている。それは仕方がないことです。ただ、恐怖を感じたとしても動き出さなければどうにもならない。そこから一歩踏み出す勇気をどう身に付けていくかを考えなければいけないはずです。

この本に書かれているのは、恐怖に対して一歩踏み出すアティテュードです。副題にある「未来を決める12の法則」というコンパスのラインナップも、もちろん素晴らしいのですが、ぼくがいちばん共感したのはこのアティテュードなのです。

kk_inter

米国では6年ぶり、日本では2年ぶりとなる新刊『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』。現在予約受付中。7月23日(土)発売。

──7月23日に開催するイヴェントの対談で、ケヴィン・ケリーとは何を話されますか?

ケヴィンと話したいのも、このアティテュードについてですね。まず、この本のつくりは、12個の法則が枝分かれして、それぞれの具体的なエピソードが紐ついている。そして、どの逸話も含蓄があって非常に面白い。

そのおかげで、12個の方向性以外でも、世界の変化がそれぞれの方向性のなかで構造的に分解されていて、より高解像度に未来を捉えられるようになっています。エピソードがあまりに面白くて構造の方を忘れがちになることもあるかも知れませんが、メモを片手に自分なりのコンパスをつくればいいと思います。

自分のなかでは、個々の法則ではなくて世界に立ち向かうアティテュードが重要だといいたいからこそ、図式化できる構造よりもワクワクするような逸話に重点を置いたのではないかと、仮説を立てています。つまり、ケヴィン・ケリーは、右脳でこの本を読んで欲しがっていると思うのです。

あと、ケヴィン・ケリーが若いころからやっているお遍路のことも聞いてみたいですね。わたしもお遍路をしたことがあるのですが、あの行為の根幹にあるのは博物学の精神だと思います。

博物学をやる人間は基本的に放浪者。つまり、延々と歩きながら起きていることを普遍的な真理に置き換えて世界をみる、恐れを快感にしているような人なのです。歴史上の有名な話でいうと、ローマ時代にナポリのヴェスヴィオ山が噴火した時の大プリニウスがそうかもしれません。何が起こっているのか、知りたくて現場に向かって死んでしまったといいます。

ヴェスヴィオ山の噴火レヴェルの出来事が目の前まで来ていることは、疑いようがありません。たまたまいま生まれたケヴィンやぼくは、そんな「避けられないもの」にワクワクできている。この感覚を、いかにみんなに体感させるか。本書も含めた、そのための試みについて語り合いたいですね。

RELATED