車に「感情」を持たせる?ホンダとSBの共同研究に衝撃が広がる

写真拡大

ホンダがAIの「感情エンジン」活用に向けた共同研究を始めると発表し、衝撃が広がっている。

「感情エンジン」活用にむけて

ホンダは21日、ソフトバンクと人工知能(AI)分野で共同研究を始めると発表した。

ソフトバンク傘下の会社が開発したAI技術「感情エンジン」の活用に向けた共同研究を開始。

運転車との会話音声やモビリティが持つセンサーやカメラなどの情報を活用してモビリティが運転者の感情を推測すると共に、自らが感情をもって対話するようにするという。

感情エンジンとは?

感情エンジンとは、ソフトバンクの子会社cocoroSBが開発した技術で、各種センサー情報を活用することで疑似的な脳内分泌を定義し、AI上で感情を表現。

ソフトバンクのロボット「Pepper(ペッパー)」にも搭載されている。

ホンダ「愛着を感じるように」と目標

ホンダは「感情エンジン」モビリティの活用に向けた共同研究を始める目的を、次のように説明。

モビリティがさまざまな経験を運転者と共有し成長することで、運転者はモビリティが相棒になったような感情を抱き、更なる愛着を感じるようになることを目指します

ホンダ ーより引用

人とモビリティの新しい関係を創りだすことを目指すという。

ネット上の反応は賛否両論

車が感情を持つことを、世間の人々はどう考えているのだろうか?ネット上にはさまざまな反響がよせられている。

歓迎する声もあるが。

これはある意味楽しくなる!憧れのナイトライダーが!!バイクにも是非作ってほしいそしてもちろん人型ロボットに変形するんですねはやくきてー

否定的な意見も。

機械は機械でいいような気が…不気味な世界に入ってきたw感情的に自動運転されたらたまんねぇなぁ車に感情は要らないんじゃないですかね?制御とは切り離してくださいよいや。めんどくさいから車に感情は要らん

賛否両論の声が投稿されていた。

「心に寄りそうAI」の開発が進む

「人の感情を理解するAI」や「感情を持ったAI」の研究は、国内外で進められている。

NTTは心地よい存在でハートに触れるAIの開発を目指して、「人の意図・感情を理解する」AIの研究開発に取り組んでいる。

ドイツでは、自己学習するAIを利用して、感情によって人気ゲームキャラ「マリオ」の行動を変えるプロジェクトが行われているとか。

茨城大学は「介護されるならやはり人の手が良い」という介護患者の声をもとに、人の感情をロボットの腕の動きで表現するという世界初の取り組みに挑戦。

AIに人工知能を持たせることは人間の脅威になるのではないかと懸念される一方で、感情を備えたAIを活用することで人の幸福度を高めたいというポジティブな期待も持たれている。