写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今回も前回に引き続き、3回目となるハイパーコンバージドインフラの構築方法を紹介し、本稿ではScaleIOとMirantis OpenStackの連携について説明する。

○ScaleIOとMirantis OpenStackの連携

1. Cinder Volumeのインストール/設定
OpenStack LibertyからScaleIOのドライバはOpenStackのアップストリームに含まれるため、Mirantis 8との連携は簡単にできる。

・ControllerにCinder Volumeをインストール
 # apt-get install cinder-volume
・Cinderの設定
 x /etc/cinder/cinder.confの編集(適当な場所に次の行を追加)

・OpenStack関連の各種サービスを再起動

2. OpenStackのUIからVolume Typeを作成し、Extra Specを設定(図3-1)

Volume Typeを作成し、それを指定することでサービスレベルに応じたボリューム作成が可能になる。

・ブラウザでControllerにアクセスしてログイン。
・System -> VolumesメニューでVolume Tpesタブを開き、Create Volume Typeを押下。
・名前を入力し、Create Volume Typeを押下。
・作成したVolume TypeのActionからView Extra Specsを選択。
・Createを押下して、KeyとValueを入力後、Createを押下。

Extra Specの入力項目を次の表にまとめた。

・必要なExtra Specを入力したらCloseを押下。

3. OpenStackのUIからVolume、Instanceを作成・起動(図3-2)
OpenStackのUIからVolume操作、Instance操作を行えば、Cinder Driver経由でScaleIOのボリューム作成、マッピング(SDCへの割り当て)が自動的に行われる。

・Project -> Compute -> VolumesメニューでCreate Volumeを押下。
・名前の入力、Volume SourceにImageを選択、ImageはTestVMを選択、Typeは前の手順で作成したScaleIO用のVolume Typeを選択し、Create Volumeを押下。
・ScaleIOのGUIでVolumeが作成されていることを確認。
・VolumeのActionでLaunch as Instanceを選択。
・名前を入力してLaunchを押下。
・VMで使用するネットワークをSelected networksに追加してLaunchを押下。
・作成したInstanceをクリックして、Consoleを確認するとVMが起動しているのが確認できる。
・ScaleIOのGUIでVolumeがマッピングされていることを確認(図3-3)。

4.ScaleIOのCLIでVolumeの確認
CLIはMasterのMDM(MDMがインストールされているノードのどちらか)からしか実行できない。Instance作成後volumeの情報を確認するとIOPS、MB/sの上限値が設定されていることが確認できる。

5. OpenStackのUIでVMのコンソールが表示されない場合の対処
OpenStackのUIでVMのコンソールが表示されない場合はNova Compute Nodeでvncの設定を編集する。

・/etc/nova/nova.confの編集
 novncproxy_base_url=
(publicのIPになっていることがあるので、controllerのmgmtのIPに変更)

・nova-computeを再起動
 # service nova-compute restart

○まとめ

以上でScaleIOとOpenStackを用いてハイパーコンバージドインフラを構築し、その上にVMを展開することが可能になった。ScaleIOに関しては、通常のインストールは非常に簡単なのだが、Ubuntu対応するために少し手間がかかっていることは否めない。また、OpenStackの知識が多少必要である。とはいえ、1からハイパーコンバージドインフラを構築することに比べれば、間違いなく簡単に構築を進められる。サーバ、ストレージともにスケールアウトできるITインフラとしてハイパーコンバージド構成を検討しているのであれば、OpenStackとScaleIOの組み合わせは、試してみる価値のあるソリューションとなる。

(EMCジャパン株式会社 システムズ エンジニアリング本部 プロダクト ソリューション統括部 SAS & SDSソリューション部 シニア システムズ エンジニア 中村雅史)