ある女子学生がコミュニティアプリ「アンサー」にスポットを立ち上げた。社会人1年目の彼が、レストランのコースを主に任せるといったのを受けて大事にされていないと感じたのだそうだ。

考え過ぎだといわれるのだが、彼が旅行の時に割り勘で多く出してくれなかったことや、その割にヨーロッパに友達と旅行に行くということなどから、自分は本命ではないと感じているのだという。主はこれからは彼にもっとお金を出してもらおうと考えるが、これには反対意見がほとんどである。

しかし、他の女性の影も見え隠れする中、お金を出してもらえるかどうかは彼にとっての自分の重要性のバロメータであるようだ。......女性って怖いね。

社会人1年目の彼。旅行のお金、割り勘ってどういうこと?多めに出すべきでしょ!

クリスマスのコース料理を彼女である主に任せてしまう彼を見て、主は自分が大事にされていないと感じたそうだ。「大事にされてないとかじゃなく、ただ単に彼に決断力がないのか、あなたに合わせてくれてるのかじゃない?」という意見に筆者も賛成だが、主はほかにも旅行の際に割り勘だったことに不安を覚えているという。

画像はイメージです(skedonkさん撮影、Flickrより)

社会人1年目でしかも実家暮らし。学生である主よりもお金があるので、ここは彼が出すべきだと感じているようだ。「自分に対してケチる、自分にはお金使ってくれないから大事にされてないって思っちゃうなら価値観が違うからどうにもならないと思う」などとお金にこだわる主に批判的な目も向けられる。でも、お金にこだわるのには彼女なりの考えがあるようだ。

彼が友達とヨーロッパへ旅行、これって怪しくない?私セカンド扱い?

出してくれるお金が少ないのは彼氏との価値観の違いという指摘に納得しかける主。でも、友達と二人きりでヨーロッパに旅行するという彼の行動を考えるとやっぱり不安になってしまうようだ。

自分をその友達に紹介してくれないことや「仕事と資格の勉強(合格率四%で難易度高め)で忙しいとか、疲れてるって言ってるけど、月に1回しか会ってくれない上に、デートはラブホだけとかたまにご飯も食べてバイバイだし、空いてる日を前もって教えてくれないから」ということで、本当はヨーロッパには本命の女性と行くつもりで、自分はセカンド扱いされているのではないかと疑っているのだ。

彼を信じるべきという話でスポットはまとまったようだが、これも女子の1つの本音というもののようだ。もちろん女性も人それぞれであろうが、男が奢るのは、女性への愛情表現だと思う女性は多いようだ。今の世の中、そんなこと考えているから草食男子が増えるのでは?と思った男性は筆者だけではないはず。(ライター:ファエマ)