【安斎流・恋愛姓名判断】外運19画の人は、計算高く、わがままな恋愛になりがち

写真拡大

――名字の1文字目と、名前の最後の文字を足した画数を「外運」と言います。外運は、対人運や恋愛傾向があらわれる場所。外運の画数から、その人の好きになりやすいタイプや、恋愛パターンをみていきましょう。

【安斎流・恋愛姓名判断】バックナンバーはこちら>>>

<第15回 外運「19画」>

■外運「19画」の人の恋愛キーワード
★吉凶……凶数
★キーワード……協調性がない。自分の世界観を強く持つ。長い春がダメ。

<外運とは?>
 外運は、「名字の1文字目」と「名前の最後の文字」の画数を足したものです。ただし、名前3文字以上、名字3文字以上の場合は異なります。佐藤・真理子の場合、名字の「佐」と名前の下二文字「理子」が外運に、御手洗・萌の場合、名字の「御手」と名前の「萌」が外運になります。自分を取り巻く環境をあらわし、対人運や恋愛傾向がわかります。また、外運の「端数」とは、一桁ならその数字、二桁なら一の位のことを指します。

■外運「19画」の人の恋愛傾向
 他人に対しては厳しくても、自分に対して甘くなり、自己中心的になりがちな外運「19画」の人。恋愛のときには、わがままで強引なところが、かわいらしく情熱的と思われ、モテる人も多くいます。相手選びは勘に頼りがちで、移り気なところも。基本的に自分がリードする積極的な恋愛をします。恋愛初期は盛り上がりますが、長く付き合って愛を育むことや、人に合わせることが苦手なため、相手にさめられてしまいます。

 また、頭の回転が早く、したたかな面あり。恋愛の時は気になりませんが、結婚となると計算しては結婚話を進めてしまいがちです。ただし、その計算高さは表面上あまり見せません。

■外運「19画」の人と相性がいいタイプ
 結婚を考えると、経済力や生活力のある相手を選びがち。その上でさらにあなたの、わがままさと強引さを受け止める余裕のある相手がベストでしょう。端数「7」や「8」の相手は、わがままさや強引さを上手に受け流してくれる包容力や器用さをもっているのでオススメ。ただし、外運「28画」は別です。また、端数「1」や「2」の相手は慎重で理論家なので、相手が年下に限りますが、あなたがリードして主導権を握り、背中を押してあげればパートナーになれるでしょう。

 恋愛に限れば、端数「0」や「9」も、お互い理解ができ、付き合っている間は情熱的な恋愛ができます。じっくりと関係を深めるタイプや、共同で何かを作りあげたいタイプとは、価値観のズレが生じてどこかでもめてしまうので、向いていません。

 感情をうまくコントロールすれば、結婚に繋がる恋愛もできるので、肩の力を抜いて、自分自身を振り返ることが大切です。基本的に、目標に向かって計画を立てることは得意なので、早いうちから目標を設定することも重要です。
(開運アドバイザー 安斎勝洋)