【7月23日〜29日】北海道や大阪など、全国で開催される注目の花火大会7選!のキャッチ画像

写真拡大

2016年7月23日(土)から29日(金)に北海道や大阪など、全国で開催される注目の花火大会を厳選して7つご紹介します。本格的な夏に突入し、体にずっしり響く花火の音と、賑やかな祭りの雰囲気にワクワクする季節となりました。少し遠くても見に行きたくなるような花火大会ばかりを集めたので、こちらを参考にぜひ足を運んでみてください!

2016道新・UHB花火大会 【北海道・7月29日(金)】

北海道の短い夏の訪れを知らせる「新・UHB花火大会」。3部に分かれて華やかに花火が打ちあがります。北海道の爽やかな夏の風に吹かれ、本州とは一味違った花火大会を楽しめます。

第50回おたる潮まつり 道新納涼花火大会 【北海道・7月29日(金)、31日(日)】

北海道小樽の夏の風物詩「おたる潮まつり 道新納涼花火大会」。3日間行われるお祭りの中で、初日と最終日に花火が打ち上げられます。お祭りの盛り上がりが最高潮になる瞬間夜空に綺麗な花火が打ちあがり、情緒あふれる小樽の街に鮮やかな色を添えます。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 【新潟・7月26日(火)】

海上で行われる越後三大花火大会のひとつ「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」。約15,000発が打ち上げられるこちらの花火大会では、迫力あるダイナミックな演目がラインナップしています。ここ柏崎でしか見ることができない打ち上げ花火をぜひ堪能してください!

水橋橋まつり 【富山・7月23日(土)】

川に揺れる流し火と夜空に揺れる花火が美しい「水道橋まつり」。100年以上続くお祭りと共に開催される花火大会は、他の花火大会では味わえない幻想的な雰囲気に包まれています。一度見たら忘れられないようなその光景。きっと一生の思い出になりますよ。

天神祭奉納花火 【大阪・7月25(月)】

「天神祭奉納花火」は日本三大祭のひとつ「天神祭」を締めくくる大規模な花火大会です。お祭り自体の規模も大きく、去年は約130万人もの人が訪れています。クライマックスには約100隻の船団が大川を行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、こちらも「天神祭奉納花火」の見逃せない見所です。

第59回にいはま納涼花火大会 【愛媛・7月29日(金)】

四国最大規模を誇る「にいはま納涼花火大会」。レーザー光線と音楽に合わせて打ち上げられる花火が有名で、毎年多くの人が訪れます。四国旅行の際にこちらの花火大会を組み込むと、よりいっそう素敵な思い出が作れること間違いなしです!

広島みなと 夢 花火大会 【広島・7月23日(土)】

全国花火競技大会でこれまで数々の賞を受賞してきた名匠「煙火工房」の花火が楽しめる「広島みなと 夢 花火大会」。瀬戸内海を望み、海風を感じながら夏の夜空に酔いしれます。「煙火工房」の花火以外にも変わり種の花火が登場するので、そちらも要チェックです!