20日、中国の掲示板サイトに、「日本には武士道があるのになぜ中国にはないのか?」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年7月20日、中国の掲示板サイトに、「日本には武士道があるのになぜ中国にはないのか?」と題するスレッドが立った。

スレ主は、日本人の気質は陰気すぎるので、武士道によって陽の気を増加させる必要があると聞いたことがあると紹介。また、実際には中国にも武士道のような遊侠精神があるものの、文化的に主流とはならなかったとした。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国に武士道など必要だろうか?」
「武士道なんて主人のイヌになることだろ。中国に武士道など必要ない。われわれは国に忠実なのだ」

「武士道?責任を取るように見せて実は無責任にも死ぬということだろ?なにも褒められることじゃない」
「すぐに自殺することは失敗に正面から向き合うことではなく無責任極まりない行為だ。何度失敗してもあきらめない不屈の精神こそ敬意を払われる」

「死ぬまであきらめないのが中国人。戦う前から腹を切る武士道など必要だろうか?」
「日本は武士道精神があっても国土はあんなに小さい。中国に武士道精神はないけど国土はこんなにも大きい」

「武士道の根は中国だが、中国にはもう武士道はなくなってしまった。この種の精神を持った人はモンゴル帝国と清王朝に殺されてしまったからだ」
「中国には共産主義精神がある」(翻訳・編集/山中)