20日、ジャッキー・チェンが出演する中国・ロシア合作映画「中国游記」に、米映画「パシフィック・リム」で注目された三つ子俳優ルー・ブラザーズも出演している。写真はルー・ブラザーズ。

写真拡大

2016年7月20日、ジャッキー・チェン(成龍)が出演する中国・ロシア合作映画「中国游記」(Journey to China)に、米映画「パシフィック・リム」で注目された三つ子俳優ルー・ブラザーズも出演している。時光網が伝えた。

【その他の写真】

ジャッキー・チェンと「ワイルド・スピード」シリーズなどで人気の英俳優ジェイソン・ステイサム、2大スター競演が話題の「中国游記」。中国・ロシア合作映画では初のミステリー作品で、14年にロシアで大ヒットした「レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺」の続編となる。「レジェンド・オブ・ヴィー」は1835年に発表されたニコライ・ゴーゴリの小説「ヴィイ(Viy)」をベースにしたものだが、「中国游記」ではさらに中国神話の要素が多く取り入れられている。

「中国游記」はロシアとロンドンでの撮影を終了し、間もなく北京ロケが開始される。さらにこの映画に、「パシフィック・リム」で注目されたルー・ブラザーズも出演することが明らかに。ランス、チャールズ、マークの3人はカナダ出身で、華人とベトナム人のハーフ。「中国游記」では白魔法師を救うべく戦う三兄弟を演じるため、中国語だけでなく武術の特訓に励んでいるという。

ジャッキー・チェンとの初共演について3人は、「プレッシャーはとても大きいが、それをパワーに変えたい」と意気込みを語っている。(翻訳・編集/Mathilda)