【保存推奨】ポケモンGO旋風に国が注意喚起! 内閣サイバーセキュリティセンターの “プレイヤーへのお願い” がメッチャ役に立つと話題に

写真拡大

世界で大旋風を巻き起こしている『ポケモンGO』。楽しんでいるユーザーがいる一方で、歩きスマホによる事故、トラブルに巻き込まれたケースも報告されている。未配信の日本でも、偽サイトへの誘導などが散見されている。

そんななか、このポケGOフィーバーについに国が動いた! 内閣サイバーセキュリティセンターが『ポケモンGO』プレイにあたっての注意喚起を発表。その内容が的確でわかりやすいと話題になっているのだ。

・ポケモンGO旋風に国が動いた!

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とは、内閣、つまり総理大臣を補佐する「内閣官房」に設置された組織だ。日本のサイバーセキュリティの中枢を担う機関と言っても過言ではないだろう。そんな機関がわざわざひとつのゲームについて注意喚起をするなんて、ポケモンGOの影響力、ハンパない……!

そんなNISCが、注意喚起を発表したのは2016年7月20日のこと。『ポケモントレーナーへのおねがい♪』として1枚の画像が公開された。

・わかりやすいと話題に

詳しくは、NISCのサイトやTwitterでもご確認いただけるが、「ロケット団だけでなくみんなの行く手にはさまざまなトラブルが待ち受けています。」と書かれた “おねがい” には、以下の9つの注意事項が記載されている。

「1.個人情報を守ろう
2.偽アプリ、チートツール注意
3.お天気アプリは必ず入れよう
4.熱中症を警戒しよう
5.予備の電池を持とう
6.予備の連絡手段を準備しよう
7.危険な場所には立ち入らない
8.会おうという人を警戒しよう
9.歩きスマホは×ですよ」

各項目はイラストつきでさらに具体的な注意の仕方が紹介されている。たとえば「個人情報を守ろう」では、「本名の登録は危険」「SNSの投稿には、家の周りの写真はやめておく」「画像にGPS情報がつかない設定を」。

また、偽アプリやチートツールでは、マルウェアが仕込まれている危険性も述べられている。子供向けにやさしく書かれてはいるが、どれも的確でネットユーザーから

「グッジョブ!」
「大人も気をつけなくちゃ」
「ポケモンぽい書き方がいい」
「なかなかきめ細やかな内容の気がするw」
「ここに書いてあることは全てその通りだし自分の為だしね。みんなも気をつけよう!」

などのコメントが寄せられているぞ。

・プレイヤーも必見! パパママも必見!!

多くの小中高では、夏休みに突入し、学校からの注意喚起をする機会もないだろう。パパママは配信前に必見だ。GPSの設定や、公衆電話の使い方などもしっかりと教えてあげてほしい。

もちろん、大人のプレイヤーもしっかり確認を! ひとつのゲームにNISCが言及するなんて異例も異例。NISCも心配しちゃうほどのブームが世界で起きているということだ。よーく注意して安全に遊びたい!

参照元:NISC「ポケモントレーナーのみんなにおねがい(PDFファイル)」、Twitter @nisc_forecast
執筆:沢井メグ

関連ツイートはこちら