eKワゴン、eKスペースの生産再開、販売を開始した三菱自動車。

信頼回復の道のりは決して容易なものではないでしょうが、日産の力を借りながら復活するには新型モデルの存在も欠かせないでしょう。

燃費不正問題以前は、軽自動車と電動化車両(PHEVやピュアEV)が二大看板で、そして従来からの強みであるSUVという構図でしたが、今後は軽の復活だけでなく、より電動化車両、SUVの存在感が増しそう。

1

しかし、次期RVRは開発が遅れているという問題があったという報道もあったなかで燃費不正問題という状況になりましたから、スケジュールの重要性はあったとしても「より良いモデル」をリリースしないとユーザーの反応は厳しいでしょう。

2016年8月11日(一般公開は12日)から21日までインドネシアで開催されるインドネシア国際オートショーに、SUVの力強さとMPVの多用途性を融合させた、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカーを世界初披露するとしています。

同モデルが東京モーターショーでも披露された「MITSUBISHI eX Concept」と異なるものなのか、上の1枚の写真では分かりませんが、「eX Concept」は次世代コンパクトSUVという位置づけで、SUVとクーペのクロスオーバーという雰囲気。

今回、ワールドプレミアされるというモデルは「スモールサイズのクロスオーバーMPV」だそうですから、もう少し居住性や積載性を重視したコンセプトカーなのでしょう。

具体的には、同コンセプトカーはレイアウトの最適化とワイドボディの採用により、MPVとして乗員7名がゆったりくつろげる居住空間を確保しているそうで、コンパクトミニバンとSUVをクロスさせたモデル。

フロントフェイスには、人とクルマを守る機能を表現したという最近の三菱顔である「ダイナミックシールド」を採用しているほか、伸びやかでスポーティなボディに安定感の高さをアピールする大きく張り出した前後フェンダーや高めの地上高など、外観はSUVらしいスタイリングや機能を融合させたクロスオーバーMPVのコンセプトカーとしています。

(塚田勝弘)

次期アウトランダーか!? 三菱が新型スモールクロスオーバーMPVを世界初披露(http://clicccar.com/2016/07/21/387529/)