写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクと本田技研工業は7月21日、AI(人工知能)技術「感情エンジン」を、モビリティに活用するための共同研究を行うと発表した。

感情エンジンは、ソフトバンクグループのcocoro SB(ココロエスビー)社が開発したAI技術。パーソナルロボット「Pepper」にも搭載されている。

今回の共同研究では、車などのモビリティが、運転者との会話音声や各種センサー、カメラなどの情報をもとに、運転者の感情を推定するように開発する。また、モビリティに感情を持たせることで、モビリティと運転者がコミュニケーションをとれるようにする。

AI技術を活用することで、運転者がモビリティに対して自分の友人や相棒のように接し、モビリティにさらなる愛着を感じてもらうことを目指すという。

ソフトバンクの孫正義代表は、2016年6月に開催した第36回定時株主総会で、「人工知能の進化」について語っていた。