写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SCSKは7月20日、ブロケード コミュニケーションズ システムズ(ブロケード)との協業関係を拡大し、企業におけるシステム全体の柔軟性やコスト削減に寄与するというネットワーク機能仮想化(NFV: Network Functions Virtualization)ソリューションの提供で提携を強化したと発表した。

今回の提携強化により、SCSKはブロケードの仮想ルータ「Brocade vRouter」の取り扱いを開始するほか、仮想ソリューションの提供を強化する。同ルータの取り扱い開始により、仮想環境でのネットワークの接続において重要な役割を担うルーティングや仮想専用網(VPN)ソリューションをSCSKが提供するという。

また、Brocade vRouterのほか、仮想ソリューションに関しては仮想アプリケーションデリバリーコントローラ(仮想ADC)「Brocade Virtual Traffic Manager」「Brocade Services Director」についても多様なライセンス形態での提供を予定している。

さらに、ブロケードでは国内初というクラウドサービス事業者向け月額課金の販売スキームの展開も強化していく予定としている。SCSKでは、NVFソリューションの提供において、SDN(Software-Defined Networking)/NFV分野で実績を有するブロケードと提携を強化することにより、顧客企業の多様なニーズに幅広く対応していく方針だ。

(山本善之介)