フィリップスブランドの自動車用製品の製造・販売を行なうルミレッズジャパンは、自動車用空気清浄機「Philips GoPure(フィリップス ゴーピュア)」の新モデル『Philips GoPure Slimline 230(フィリップス ゴーピュア スリムライン)』をAmazon.co.jp限定で、『Philips GoPure Compact 50(フィリップス ゴーピュア コンパクト)』を全国の自動車用品店および通信販売を通じて、順次販売を開始する。

2013年の同社の調査では、タバコや食べ物、新車時に内装品から発生する特有のにおいなど、多くの消費者が自動車内の空気で気になる点として「におい」を挙げている。しかし「におい」とは別に、車内の空気には視覚や嗅覚では感じることのできない浮遊物(PM2.5、カビなどの真菌、細菌)が存在し、空気汚れの一因となっている。

車内の空気環境について、アレルギーの専門医であるながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニックの永倉仁史先生は「高温多湿の環境ではカビが増殖しやすく、車内にカビがいる場合には注意が必要です。鼻炎やぜんそくなどを引き起こす可能性もあるため、除去するのが望ましい」と述べており、花粉、PM2.5はもちろんのこと、カビについても注意が必要なことが判明した。

Slimline_メイン 
Philips GoPure Slimline 230 

Compact_メイン
Philips GoPure Compact 50

■『Philips GoPure Slimline 230』の製品特徴

・車内の空気を強力に清浄
タバコやペット、食べ物のにおいの他、ホルムアルデヒドを含む総揮発性有機化合物も99%除去。また、空気中に浮遊する花粉やほこりを含むPM2.5の微小粒子を99%除去し、浮遊するカビやバクテリア、ウイルスを70%除去する。

03

・空気の汚れを可視化
車内のPM2.5レベルを感知するセンサーを搭載。3色のインジゲーターとAQI数値で視覚的に知らせる。(青:とてもクリーン、黄色:普通、赤:汚れている)また、空気の汚れに合わせ、高/低の2段階で運転スピードを自動設定する。

01

・ドリンクホルダーにも設置可能
コンパクトサイズかつ、スリムな形状をしているため、アームレストやヘッドレスト、座席の下などに加え、付属品を用いることでドリンクホルダーにも設置できる。

外形寸法は長さ170×幅100×高さ70mm、420g。

■『Philips GoPure Compact 50』の製品特徴

・車内の空気を強力に清浄
タバコやペット、食べ物のにおいの他、ホルムアルデヒドを含む総揮発性有機化合物も99%除去。また、空気中に浮遊する花粉やほこりを含むPM2.5の微小粒子を99%除去し、浮遊するカビやバクテリア、ウイルスを70%除去する。

07

・シンプル設計のエントリーモデル
車内の空気清浄に特化したシンプルな設計。面倒な設定の必要がなく、初めて自動車向けの空気清浄機を使用する人にもおすすめ。

・コンパクトデザイン
パワフルな性能を持ちながらコンパクトなデザインで、アームレストやヘッドレスト、座席の下などに設置できる。

外形寸法は長さ157×幅157×高さ69mm、440g

■フィルターの特徴

3層からなるフィルターが、空気中のにおいの元となる物質、有害なガス、浮遊物を捕らえる。フィルターは6か月に1回の交換を推奨している。(※使用状況により異なる。)

Philips GoPure

プレフィルター:目に見えるレベルのほこり、花粉、ペットの毛などを捕集
HEPAフィルター:0.3μmレベルの微粒子や浮遊微生物、タバコの煙を吸着
HESAフィルター:ホルムアルデヒドを含む総揮発性有機化合物や有害なガスを除去

関連情報

http://www.philips.co.jp/

文/編集部