キアが2011年のフランクフルトモーターショーで発表した高級4ドアクーペ『GTコンセプト』の市販モデルが、ニュルで高速テストを開始したようです。

1

アストンマーティンを彷彿させるアグレッシブなフロントマスクを持ち、ライバルにメルセデスベンツ『CLS』やBMW『6シリーズ』などを想定するこのモデルの名称は、当初『キアGT』と思われていましたが、『スティンガー』と名乗る可能性があることがわかりました。

カモフラージュはまだ重いですが、押し出しの強い「キア タイガーノーズ」を持ち、フロントバンパー左右には、縦型のエアダクトが配置されるフロントマスクが予想されています。

エクステリア&室内とも、キア最高級レベルのクオリティを持ち、パワーユニットには次世代8速オートマチック・トランスミッションと組み合わされる3.3リットルV型6気筒ターボエンジンを搭載、最高馬力は400psに達すると思われます。

ワールドプレミアは早ければ2016年10月のパリモーターショーですが、2017年3月に遅れる可能性もあります。

(APOLLO)

キアの次世代高級4ドアクーペは、対空ミサイルと同じ名称!?(http://clicccar.com/2016/07/21/387213/)