写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDCフロンティアは7月21日、同社のクラウドサービス「IDCFクラウド」にGSLB機能(Global Server Load Balancing)「IDCFクラウド GSLB」を加え、同日より提供開始した。

「IDCFクラウド GSLB」は、物理的に離れて稼働する複数のWebサイトを束ね、要求されたリクエストを負荷状況に応じて最適なサイトへ振り分けることができるもの。さらに障害時には、待機させておいたWebサイトに自動で切り替える。IDCFクラウドだけでなく、オンプレミス、また他社のデータセンター/クラウド上に構築したWebサイトも冗長化や負荷分散の対象とすることができる。

2つ以上のWebサイトをアクティブ/アクティブまたはアクティブ/スタンバイで冗長化し、クラウドやデータセンター間で広域の負荷分散やバックアップサイトへの自動切り替えが可能。

利用料金(月額)は、基本料金(DNS 1ゾーン)が50円、1サイト登録(GSLB 1レコード)が250円。

(丸山篤)