写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモ(ドコモ)は7月20日、皮膚から放出される複数種類のガスのうち、脂肪代謝・飲酒・脱水の指標となる3種類のガスを足裏から同時に計測できる健康管理装置を開発したと発表した。

同装置には、片足につき2カ所の孔があいており、その孔を足裏で塞ぐことで、脂肪代謝の指標となるアセトン、飲酒の指標となるエタノール、および脱水の指標となる水蒸気の3種類のガスを約20秒間で計測できる。なお、靴下やストッキングをはいた状態でも計測可能。

計測値はスマートフォンやタブレットに送信され、体脂肪の燃焼状態、飲酒や脱水の有無に対する判定結果として表示される。同社は今後、同装置による実証実験を進め、健康管理装置としての有用性を確認していくとしている。

(周藤瞳美)