ゲームセンターで華麗なテクニックを披露する“音ゲーマー”たち。現在Twitter上では、とある音ゲー好きの自室が話題となっている。

 上記2枚は1年間でのビフォーアフター。1枚目の写真には、コナミデジタルエンタテインメントの「jubeat(ユビート)」の筐体、「REFLEC BEAT(リフレクビート)」のキャラクター「パステルくん」の大量のぬいぐるみやPOPが並んだ和室が写っている。

 そして、1年後の部屋にはなんと2台目の「jubeat」と「REFLEC BEAT」、タイトーの「GROOVE COASTER(グルーヴコースター)」の筐体が増え、ちょっとしたゲーセンに進化している。

 ちなみに、筐体の隙間に布団を敷いて寝ているそう。音ゲー愛にあふれた生活ぶり…!

 投稿者によれば、中古業者やネットオークションで集めたものとのこと。残念ながらオンライン対戦はできないそうだが、自宅で思う存分プレイできるのは、音ゲーファンにとって夢のような環境ではないだろうか。

 はたして電気代はいくらかかるのか気になるところだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら