写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は7月21日、子会社である本田技術研究所がソフトバンクと協力し、ソフトバンク傘下のcocoro SBが開発したAI技術「感情エンジン」のモビリティへの活用に向けた共同研究を開始すると発表した。

「感情エンジン」は機械自らの感情を擬似的に生成する技術。今回の共同研究では、運転者との会話音声やモビリティが持つ各種センサー・カメラなどの情報を活用することで、モビリティが運転者の感情を推定すると共に、自らが感情をもって対話するようにする。モビリティがさまざまな経験を運転者と共有し成長することで、運転者がモビリティを相棒のように感じ、さらなる愛着を感じるようになることを目指すとしている。

ホンダは2016年9月に東京・赤坂に知能化技術の研究開発を行う新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」の開設を予定しており、同共同研究は、AI技術のオープンイノベーションの取組みの1つとして位置づけられている。

(神山翔)