34箇所の可動部、宙に舞う姿など自由にポージング

写真拡大

各種フィギュアなどを扱う豆魚雷(東京都杉並区)は、香港のエンターベイ製の米プロバスケットボールリーグ「NBA」トップ選手、「ステフィン・カリー」と「ジェームス・ハーデン」の可動フィギュアを2016年9月に発売するのに先だち、直販サイトで予約受付を始めた。

いずれも全高約22センチの1/9スケールでフィギュア化。1/6スケールモデルで培ったノウハウと技術により、細部に及ぶまで立体的に塗装。ユニフォームは布製で、全身に34箇所の可動部を備え、好みのポーズを取らせることが可能だ。

それぞれ所属するゴールデンステート・ウォリアーズ、ヒューストン・ロケッツのアウェイ用ユニフォームを身にまとい、宙に舞う様子を再現できるマグネット式の台座スタンドにはチームのロゴをあしらう。そのほか付け替え用の手×8個、手に持たせられるマグネット内蔵のボールが付属する。

価格はいずれも1万6200円(税込)。