写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルノー・ジャポンは9月15日、小回り性能ときびきびとした走りを特徴とする新型「トゥインゴ」を全国のルノー正規販売店で発売する。同車の発売を記念し、スポーティなモデルと低価格モデルの限定車2タイプも発売する。

新型「トゥインゴ」は、パリに暮らす人々の審美眼に応えるデザイン、細い路地でも楽しみながら走れる小回り性能、パリに暮らす人々のライフスタイルに適う性能や装備、経済性を特徴とする。都会でのライフスタイルにマッチする高品質なコンパクトカーといえる。ボディサイズは全長3,620mm、全幅1,650mmときわめてコンパクトで、室内空間を最大限に広げるためエンジンをリヤに搭載し、後輪を駆動するRRレイアウトを採用する。これにより、室内空間の増大だけでなく、タイヤの切れ角を増やすことで高い小回り性も実現した。

搭載されるエンジンは、最高出力90PSの0.9リットルターボ。6速エフィシエントデュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせで上質な走りを実現した。このエンジンは49度傾けて搭載されており、これによりRRレイアウトでありながら、十分な容量で四角い形状の荷室を確保した。

エクステリアデザインは、大ヒットした初代「トゥインゴ」や「サンク」のデザインエッセンスを最新のルノーデザインと融合。フロントマスクはルノーのデザインアイデンティティであるブラックグリルとそこに取り付けられたロザンジュ、折り目を思わせるプレスラインの入ったポリプロピレン製ボンネット、「目」を連想させる大きなヘッドライトを採用する。リアドアのドアノブをサッシュに隠すことで、5ドアモデルでありながら3ドアのようなスタイリッシュな外観とした。ボディカラーは全6色をそろえ、インテリアカラーも3色のバリエーションにより個性を際立たせている。

「トゥインゴ」の発売を記念して限定車「パックスポール」「サンク S」も発売された。「パックスポール」は専用サイドストライプ、専用フェンダーモール・サイドスカート、16インチアルミホイールなどを追加装備したスポーティ仕様。「サンク S」は71PSのエンジンと5MTを搭載し、価格を低く抑えている。

価格は、「トゥインゴ インテンス」が189万円、「トゥインゴ インテンス キャンバストップ」が199万円、限定車の「トゥインゴ パックスポール」が199万円、「トゥインゴ サンクS」が169万円(すべて税込)。限定車はそれぞれ50台の限定販売となっている。

(山津正明)