無理せずステキな披露宴に!マタニティブライダルの演出アイディア

写真拡大

結婚式が新郎新婦のニーズによって多様化しているのをご存知ですか?親族だけを集めて食事を中心に10名ほどの披露宴という形や、形式通りの感じではないけれど二次会ほどカジュアルではない1.5次会を挙げるカップルが増えています。形式通りではなく、自分たちだからこそできる演出が好まれているようです。

新婦が妊娠している、マタニティブライダルではどのような披露宴にできるのでしょうか。今回は、マタニティブライダルで喜ばれるおすすめの演出を紹介していきます!

◆ゲストと会話もできるデザートブッフェ

マタニティウエディングのおすすめの演出の一つが、デザートブッフェという演出です。本来は披露宴の後半に、会場に用意されたスペースにデザートやケーキを取りにいくイベント。

新婦がデザートイベントの場所にいると、ゲストの方から来てくれるので移動の負担を減らせます。イベント自体も華やかなので、リラックスした雰囲気の中で会話することができますし、テーブルを回るのと同じように写真を撮ることもでき、メリットの多い演出なんです。

このイベントをより盛り上げるためには、スタートに頭からインパクトがあって明るい曲調の音楽を選びましょう。ゲストもワクワクするデザートブッフェ、マタニティウエディングではおすすめの演出です。

◆挙式と披露宴がセットに!宴内人前式

結婚式に参加すると、挙式をしてから披露宴になることが多いと思いますが、「宴内人前式」というのをご存知ですか?

これは簡単に言うと挙式と披露宴をセットにした演出で、イメージとしては入場シーンから乾杯前が挙式、乾杯後は普通の披露宴という流れです。

「披露宴会場で挙式を行うと、厳粛な感じが薄れるのでは?」と心配する人もいるかもしれません。しかし、入場前に司会者がしっかりとアナウンスをしてくれるので、雰囲気は通常の挙式とあまり変わりません。さらに入場曲や、指輪の交換・誓いのキスなどのシーンには、チャペルのパイプオルガンのようなクラシック曲を選べば厳粛なムードになりますよ。

宴内人前式をするメリットは、式を挙げながらも移動の時間を短縮できるという点です。マタニティウェディングをするなら、こちらもおすすめの演出です。

hands with rings and bouquet

◆後半におすすめのライブコンサート

再入場から退場するまでに何か盛り上がることをしたいけれど、余興の予定がない……そんなときにおすすめなのが、ライブコンサートです。

結婚式で多いのは、外国人シンガーがサプライズで会場に入ってきて3曲ほど歌い、披露宴を盛り上げる演出。新郎新婦は動く必要がなく、シンガーが会場内を回ってくれるので体への負担も少なく済みます。

1曲目は明るい曲で、真ん中は落ち着いた曲調、そして最後はパーティーらしい明るい曲にすると、イベント後も喜びの余韻が会場内に残ります。

◆中座の代わりにケーキ入刀でメリハリを

披露宴で大事にしたいのが、なるべくゲストと同じ時間を過ごすということ。 お色直しは絶対に外せないのであれば別ですが、例えば中座のシーンを省くと30分以上ゲストといられる時間が増えますし、さらに移動の負担も減ります。

「中座なしの披露宴は変じゃない?」と思うかもしれませんが、その方がゲストと一緒に食事ができ、密に時間を過ごせるので、あえて中座なしの進行を選ぶ新郎新婦もいるんです。

もしも寂しく感じるなら、エスコートを頼みたかった人にケーキ入刀のシーンで「サンキューバイト」という、感謝の気持ちをケーキを食べてもらうことで伝えるイベントがあります。親御さんであれば「ラストバイト」という方法で、これまでの感謝の気持ちを伝えられます。

ファーストバイトをした後に、サプライズで名前を呼んで前に来てもらうのが中座シーンと似ています。バイトの後は拍手が起こるので、シーンの区切りをつけやすいという効果があり、その後も自然に時間を過ごせるので、ゲストと一緒にいる時間を増やしたい時におすすめの方法です。

結婚式の進行方法も昔のように型にはまったやり方でなくて、新郎新婦によって異なってきています。妊婦である新婦の負担を減らしながらも披露宴を盛り上げる演出はたくさんあります。

結婚に出産と、人生の中の大切なイベントが続く時期ですが、良い1日にするための参考にしてみてくださいね。