画像

写真拡大

 JリーグとNTTグループ、スポーツのライブストリーミングサービスを提供するPerform Groupは、スタジアム・ホームタウンのICT化を図る「スマートスタジアム事業」における協業を開始した。O2Oを中心としたデジタルマーケティングも推進していく。

 公益社団法人 日本プロサッカーリーグとPerform Groupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」、NTTグループは、スタジアム・ホームタウンのICT化を図る「スマートスタジアム事業」における協業契約を締結した。契約期間は2017年から2026年の10年間となっている。

 同事業では、J1クラブのホームスタジアムをはじめとした全国のスタジアムのwi-fi環境整備・情報サービス提供などを含めたICT化を推進する。これにより、スタジアムはもちろん、周辺地域やコミュニティにまで興味を持ってもらえるきっかけを提供する。また、ICTを通したチームや選手、試合の魅力の発信で新たなファン層の開拓とスタジアムへの来場促進を目指す。

 今後は、大きく分けて2つの取り組みを行う。1つ目は「先進技術を使った新たな映像サービスと観戦スタイルを提供」する取り組みだ。試合に関するスタッツを見ながら観戦できるなどスポーツファンの視聴環境の質を高め、よりJリーグを楽しめる環境を整える。

 2つ目は「スポーツを契機とした地域振興・デジタルマーケティング」に関する取り組み。幅広い層の観客に来場してもらえるよう、スマートフォン・タブレットやデジタルサイネージなどを通じて試合観戦以外の新たな体験を創出、提供していく。また、スタジアムと周辺地域の商業・観光施設間での相互送客など、クラブやファン・サポーターが地域コミュニティの核となり地域振興につながる活動を支援する。

MarkeZine編集部[著]