全高1mの巨大ウルトラマンフィギュア、50年前登場の勇姿を劇中カラーで。

写真拡大

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」は7月21日13時から、全高約1メートルのウルトラマン巨大フィギュア「究極造形シリーズSP ウルトラマンCタイプ 劇中カラーVer.」の予約受付を開始する。価格は108,000円(税込み/送料・手数料別途)。

この商品は、ウルトラマンシリーズ放送開始50年を記念して、初代ウルトラマンCタイプのアクションスーツを細部までこだわり再現した巨大フィギュア。その大きさを活かし、素材の異なる顔と胴体での微妙な色分けやスーツのダメージ、カラータイマーの凸部の位置やブーツの細かなステッチ模様などを、放送当時の記憶が甦る「劇中カラー」で再現している。

原型は、円谷プロダクション造形スタジオ・LSSが製作。実際に撮影用、アクション用スーツの製作にあたっても、本商品の原型が参考モデルとして使用されている。

初代ウルトラマンCタイプは、1967年2月5日放送の第30話「まぼろしの雪山」から4月9日放送の最終回まで使われたウルトラマンのアクションスーツのこと。このほかにAタイプやBタイプもあり、番組放映中にバージョンアップが繰り返された。Cタイプは、ウルトラマンのスタンダードモデルとも言える。