日本や中国などが受注競争を繰り広げている、マレーシア・シンガポール高速鉄道の建設プロジェクトについて、2026年開業を目指す方針が伝えられた。また、石井啓一国交相が両国に訪問し新幹線を売り込むとの報道が流れたことで、中国国内において同高速鉄道に対する注目が再び高まっている。(イメージ写真提供:(C)Mohd Faizul Hassan/123RF.COM)

写真拡大

 日本や中国などが受注競争を繰り広げている、マレーシア・シンガポール高速鉄道の建設プロジェクトについて、2026年開業を目指す方針が伝えられた。また、石井啓一国交相が両国に訪問し新幹線を売り込むとの報道が流れたことで、中国国内において同高速鉄道に対する注目が再び高まっている。

 中国メディア・今日頭条は19日「中国と日本が高速鉄道で腕相撲 誰が誰の道を塞いでいるのか」とする記事を掲載した。記事は南シナ海問題によって「日本人がまたマレーシア・シンガポールの高速鉄道競争においてわれわれに大きくも小さくもない足かせをはめさせた」としたうえで、高速鉄道の競争は「表面上では製品、業界、市場の競争であるが、実は背後に日中両国の政治的な影響力を巡る競争があるのだ」と解説した。

 そして、同高速鉄道を巡る争いの行方は「普通に考えれば、中国を選ぶはずだ」と断言。その理由として、マレーシアにしろシンガポールにしろ歴史的に中国と良好な関係を築いてきたこと、特にマレーシアにおいては中国が交通インフラプロジェクトで大きく貢献していること、さらに、中国の不動産企業が続々とクアラルンプールで都市建設の投資を行っていることをなどを挙げた。

 記事は「地政学的にも、人情面でも、経済的な利益においても、中国高速鉄道はいい選択だ」とし、中国が民間による投資と政府主導の高速鉄道投資ががっちりと組めば「一帯一路戦略においてより輝かしい成果を得ることができるだろう」と論じた。

 中国政府が大々的に売り込んでいる中国高速鉄道。思い描いていた青写真通りに受注獲得が進んでいるかは不透明な状況だ。相手の信頼を勝ち取り、よりスムーズに受注を得るためにはやはり実績の積み重ねが欠かせない。実績を積むためにも、東南アジアにおける影響力をより強めるためにも、同鉄道は中国にとっても「落とせない」プロジェクトなのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)Mohd Faizul Hassan/123RF.COM)