7月20日、東京・アバコ・クリエイティブスタジオにて映画『キング・オブ・エジプト』公開アフレコイベントが行われ、声優を務めた玉森裕太(Kis-My-Ft2)さん、永野芽郁さんがアフレコを行いました。


『キング・オブ・エジプト』は、古代エジプトを舞台に繰り広げる超ド級の冒険スペクタクル映画。


(C)2016 Summit Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

玉森さんも永野さんも声優は今回初挑戦!

主人公のブレントン・スウェイツ演じる、盗賊の青年ベックを演じた玉森さんは「苦労したのはアクションシーンですかね。息使いやリアクションとか、普段絶対出さなかったりするので、同じようにならないように気をつけていました。難しかったです」と言いながらも、とっても上手にアフレコを行い、拍手を浴びていました。

一方、恋人役を演じた永野さん。


「アフレコをやっているときも玉森さんの声がベックにしか聞こえなくて、声を聞いているから役になれたのもありました。助かりました」と永野さんがほほ笑むと、玉森さんは「今の記事に絶対書いてください(笑)」と照れていました。

声優の練習として、「吹き替え版の映画を見ました」と言う玉森さん。作品名は、なんと『ファインディング・ニモ』。

記者からうっすら笑いが漏れると、その反応を見て、「普通に楽しんじゃいました(笑)」と正直に話しながら「でも、何かは吸収できたと思います」と振り返ります。

本作では神と人間が共存する世界が描かれますが、もしも神様の能力が手に入るとしたらという問いかけに、玉森さんは「格好よく走れる能力」と願掛け。

「僕ちょっと走り方がコンプレックスなので。絶対やらないですけど(笑)、もしあればお願いしたいです」と、番組で公開されネットも騒然となった“ダサい走り方”についてコメント!

また現在ライブ中のKis-My-Ft2ですが、夏の予定を聞かれた玉森さんは「夏休みはライブかな。時間があればサーフィンが好きなのでやりに行きたいです。めっちゃ色白なんですけどね(笑)」と、ここでも笑いを誘いサービス精神あふれる玉森さんなのでした♡


『キング・オブ・エジプト』は9月9日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国超拡大ロードショー。

【関連記事】

※ 大人の恋愛ドラマに挑むタッキー「僕は毎日不安」

※ 三代目JSB登坂、先輩TAKAHIROから「ね、臣ちゃん♡」と言われ満面の笑み

※ 中村倫也、心のうちを語る「愛があればいいじゃない、とは言わないけど…」

※ 賀来賢人に直撃インタビュー!「初めて何も気にせずに見れた、大好きな作品」

※ 三代目JSB登坂広臣、先輩TAKAHIROからの「口撃」にタジタジ?