もぅ、暑くってイヤ! そんな時は“夏野菜”を上手に食べてみませんか? 夏が旬の“夏野菜”には、暑さを乗り切れる栄養素がいっぱい。おまけに“夏野菜”で美しさもゲットできたら、こんなにいいことはないですよね? さらに旬の野菜はお値段もお手頃。今回は、そんな一石三鳥の夏野菜をご紹介します。

夏野菜の定番“トマト”で美肌をゲット!

夏野菜の定番、トマトの特徴は抗酸化力が高いこと。トマトを食べれば、夏の暑さで落ちてしまった免疫力を回復するのはもちろん、強い紫外線にさらされるお肌を守って美肌になれちゃいます。トマトの栄養でよく知られているのはカロテノイドの一種のリコピン。抗酸化力が高い成分です。でも、トマトにはそれだけじゃなく、ポリフェノールの一種のルチンも豊富なんです。紫外線によるメラニンの生成を抑えるビタミンCも豊富なので、暑い時期こそ食べたい野菜ですね。

水分が多い“キュウリ”に含まれる栄養って何?

キュウリの90%は水分ですが、ミネラルのひとつカリウムが含まれているため、むくみやだるさの解消に効果があります。足や顔がパンパンになっちゃう原因はむくみのことが多いのです。むくみは体内の不要な水分が排出されないことで起こります。カリウムには、塩分のと一緒に不要な水分を排出する働きがあります。また、キュウリは「世界一栄養のない野菜」などと言われていますが、実は少量ながらビタミンA、B群、C、K、葉酸、ミネラルなどの栄養素をバランスよく含んできます。夏で食欲がない時でも、キュウリなら何とか食べられるのでは? 体を冷やす効果もあるので、キュウリは夏の栄養補給にも適しているのです。

ビタミンCがいっぱいの“ピーマン”

子どもには嫌われることが多いピーマンですが、大人になったらピーマンの苦みも味わい深いもの。ピーマン独特の苦みのもとはピラジンという成分によるものです。ピラジンには血液をサラサラにして、血栓を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を予防する働きがあります。夏は水分が不足して、血液ドロドロになりがちな時期。ピーマンをたっぷり食べて健康をキープしましょう。実はピーマンにはトマトの4倍ものビタミンCが含まれています。ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴なので、炒めても大丈夫。加熱すると苦みが引いて食べやすくなります。


writer:岩田かほり