離婚カウンセラーが警告する「モラハラを受けやすい妻」4つの特徴

写真拡大

少し前に高橋ジョージさんの妻に対するモラハラ騒動が話題になったことなどで、今まで隠れてきた夫婦間の“モラハラ”問題が多くの人に認知されるようになりました。

それでもまだ、モラハラを受けているのに気づいていない女性もたくさんいるようです。

そこで今回は、離婚カウンセラーの阿部貴子さんに、どんな妻がモラハラを受けやすいか伺ってきました。モラハラを受けやすい妻の特徴があるようです。早速見ていきましょう。

 

■特徴1:性善説で生きている

「人はみな、分かち合うことができる。仲良くできる、という性善説で生きている人はモラハラを受けやすいと言ってもいいでしょう。

ほとんどのモラハラをうけている妻は、結婚前の交際時に、未来の夫に対して“なんかおかしい”といった感じで、夫の何かしらの問題点には気づいています。しかし、そこに焦点を当てることなく、問題視することなく結婚に至ってしまうのです」

なんだか寂しい話ですね。性善説で人はみなわかりあえると思っているから、逆にそこに問題があることに気づけないなんて……。

では、そういう人は結婚したあとはどういう風になりやすいのでしょうか?

「こういう人の場合、“結婚すれば変わるだろう”“お互いよく話し合えば乗り越えられるだろう”“私が努力すればよくなるだろう”と考えがちです。

そのため、モラハラ夫タイプの男性と交際しているときや、結婚してからしばらくは問題の本質を見抜くことができず、被害にあいやすく、また被害を認識するまでに年数がかかることもあります」

基本的には、話せばなんでもわかってもらえると思っているからこそ、もっと自分が努力してわかってもらおうと頑張ってしまうんですね。

ですが、モラハラをする人にはもっと深い問題が隠れていることが多いので、変わることはないと気づかないといけませんね。

 

■特徴2我慢強い

「モラハラの問題は、結婚生活の初期から顕在化するケースがほとんどです。また、子どもが生まれたことがきっかけで始まることもあります。

一度結婚したからにはそう簡単に離婚しない、子どもがいるから離婚できない、という常識を重んじる考え方をする人が多く、結婚当初からモラハラの被害にあうも、何年も我慢を続けることが多いのです。

もっとも、最初のころは夫に頑張って対抗する妻もいらっしゃいますが、変わらない夫に諦め“私さえ我慢すれば家庭が壊れない”と自分を我慢させる方向に考えてしまうのです」

我慢強いことは世間一般的にはいいことだと考えられがちですが、我慢しなくていいことまで我慢してしまうという可能性もあるんですね。

 

■特徴3穏便を好む

「挙式計画で問題が勃発しても、穏便を好むために、おかしいおかしいと感じつつも結婚の取りやめ延期という大きな決断ができず、そのままモラハラ夫との結婚生活をスタートさせてしまうというケースもあります」

結婚前に気づいていて、問題に対処できていれば……と思いますが、それはかなり難しいのかもしれないですね。周りの人が気づいてくれるケースは、幸運な場合のみなのでしょう。

そして離婚には精神的なパワーがかなり必要です。ですので、結婚してしまってからは自分が我慢するという方法を選んでしまうのでしょうね。

 

■特徴4自分にあまり自信がない

「自分に自信がない女性は、我慢強く、温和で前向きに考える人が多いため、いい男性と結婚すればいい奥さんになれます。また、結婚したら家事育児は妻の役目と考え、専業主婦でいることを選ぶことが多いのも自信がない女性の特徴です。

ですが、確固たる自信がないため、モラハラ夫からの人格否定的な発言に対し、当初は“そんなことを言われてしまう自分”に原因を見つけ出そうとします。

モラハラを受け続けることで、悪循環的にどんどん自信を失い、きちんと家事育児をこなしていても、自らを“できる主婦”“やり手主婦”ととらえず、自己評価もどんどん低くなっていってしまうのです」

自分に自信がないと、相手の言いなりになりやすいというのは納得できますよね。ですが、専業主婦でそんな環境に置かれていると第三者と話をする機会も少なくなるため、気づくのがどんどん遅れてしまうのでしょう。

 

いかがでしょうか? もちろんモラハラを受けやすい特徴を持っているからと言って、すべての人がモラハラを受けてしまうわけではありませんし、モラハラ夫を許していいというわけではありません。

「自分はモラハラを受けやすいのかもしれない」と思ったら、自分がモラハラを受けていないかを見極めてみることも大切かもしれませんよ。

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

※ 阿部貴子・・・行政書士・離婚カウンセラー。相談実績多数。離婚、浮気、性格不一致、モラハラ問題に直面した妻が今後どうすべきか。様々なケースにおける方針の立て方、対処方に精通。シングルマザーとその予備軍の知恵、情報の集積サイト・掲示板『シングルマ』の運営者。『女性の生活を支える離婚相談』

 

【関連記事】

※ 3位性格の不一致、2位人生観!要は考え方の違いな「離婚の原因」1位は

※ ムリムリ…関係修復できない!「夫婦仲を一気に壊す」魔のNGワード3つ

あぁ泥沼化…夫婦喧嘩がヒートアップする家の特徴4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 成績アップの秘訣は声かけと○○!親として用意したい「勉強する環境」とは

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 「肥満の子ども」は学力が低下する?体形と成績の意外な関係

※ 夫が「絶対許せない」妻の謝り方は…3位子どもをダシに使う、1位は

 

【画像】

※ Lolostock / Shutterstock