写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リコーは7月20日、自社内に専任のIT管理者がいない中小企業向けのセキュリティ対策ソリューション「ネットワークセキュリティパック」を7月22日から発売すると発表した。

新サービスは、顧客のネットワーク環境の構築から運用までをセンター&オンサイトサービスを活用し、ワンストップでサポートする。具体的には、UTM(Unified Threat Management)の設置からパソコンの設定まで、リコーのカスタマーエンジニアが実施し、日常業務でネットワーク環境に問題が発生した場合、障害の切り分けや対応を行う。

UTMによるサービスとしては、ウイルス/スパイウェア対策、Webレピュテーション、URLフィルタリング、ボット通信検知、不正侵入防御(IPS)、アプリケーションコントロール、ファイアウォール、メールセキュリティなどを提供する。

価格(税別)は、初期料金20万3000円から、月額料金8300円からとなっている。

(辻)