「ポケモンGO」中毒のせいで…セレブが直面した“残念な危機”
 欧米諸国での配信開始以来、社会現象になるほどの大ヒットとなっているスマフォゲームの「ポケモンGO」。

「ポケモン探しで水死体を発見!?」や「利用者を狙った強盗頻発!」「世界遺産でのポケモン探しが大問題」など、同ゲームに関するトンデモニュースが次々と舞い込んでいる中、あのヒラリー・クリントンまで大統領選キャンペーンの人集めにポケモンGOを使う予定を明らかにしたほど、今世界はポケモン一色。

 もちろんハリウッドでも話題のゲームに夢中になるスターが続出。懸命にポケモンを探すスターの滑稽かつ可愛らしい姿をレポートします。

◆タイガ、ポケモン探しで恋人をガン無視?

「ポケモンGOにハマって恋人を無視(笑)」とニュースになったのは、ラッパーのタイガ(26歳)。

 彼はリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』でお馴染みのカイリー・ジェンナー(18歳)の恋人で、二人は過去2年間くっついたり別れたりを繰り返しているお騒がせカップルです。

 今年5月にも破局した二人ですが、2カ月も経たないうちに復縁。以来ところ構わずイチャつく姿が目撃され、カイリーの指にはダイモンドリングが輝き、妊娠報道まで飛び出す始末。

 妊娠説はすぐに本人の口から否定されましたが、またしても元鞘に収まったカップルがラブラブなことは双方のインスタグラムにツーショット写真が度々アップされることからも明らかでした。

 ところが『TMZ』によると、7月12日、ハンガリーのブダペスト空港で搭乗の列に並んでいたタイガは隣にカイリーがいたにも関わらず、ポケモンGOに集中するためにヘッドフォンを着用して周囲の喧騒をシャットダウン。彼に話しかけるカイリーをガン無視していたのだとか。世界初の「ポケモン破局」の可能性が浮上しました。

◆デミ・ロヴァートとニック・ジョナスの友情にヒビ!?

 ファッション誌『Elle』によるとポケモンGOに翻弄されているスターは他にもたくさん!

 たとえばデミ・ロヴァート(23歳)と合同コンサート中のニック・ジョナス(23歳)がデミに向けて「マジな話ここにはポケモンなんて一匹もいないぜ」とツイートしたところ、デミはノーコメントで単純リツイート。「友だちへの返信コメントをする時間もないほど夢中になっているのか」と揶揄する声も上がっていました。

 このようにポケモンGOに夢中で友だちとの連絡をおざなりにし、友だちをなくすスターは多いようで、『リトル・ミス・サンシャイン』でぽっちゃり少女を演じていたアビゲイル・ブレスリン(20歳)は、「私の家が(ポケモンを捕まえられる)ポケスポットになればいいのに。そうすれば友だちがまたうちに遊びに来てくれるはず!」とツイッターで寂しさをアピールしています。

◆ジョン・メイヤーもしっかり課金

 一方、これまでケイティ・ペリーやジェニファー・アニストンと浮き名を流し、今年春には道端ジェシカとも噂になったモテ男、歌手のジョン・メイヤー(38歳)は「ポケマネー」取得のため約100ドルも費やしたことをインスタグラムで公表。その潔いハマりっぷりに賞賛の声が上がっています。
 また大ヒット公開中の『ファインディング・ドリー』でドリーの声を務めた人気司会者エレン・デジェネレス(58歳)は、妻で女優のポーシャ・デ・ロッシ(43歳)と出かけたビーチでポケモンと一緒の3ショット写真を撮影。「この子を見つけるのにすごく苦労したのよ」と人気キャラをようやくゲットできた喜びをインスタグラムにアップしました。

 ハリウッドスターもドハマリするポケモンGO。日本でのリリースが待ち遠しい!

Source:
『TMZ』http://bit.ly/29C16Mn
『Elle』http://bit.ly/29DBrSy

<テキスト/橘 エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)