20日、韓国で警察官による不祥事が頻発している。資料写真。

写真拡大

2016年7月20日、環球網によると、韓国で警察官による不祥事が頻発している。

韓国・聯合ニュースによると、今月7日には携帯電話を使って女子大生のスカートの中を盗撮した警察官を市民が通報、先月中旬も警察官による痴漢行為が発生している。

韓国では昨年、警察官792人が何らかの処分を受けており、このうち規律違反は326人に上った。また、「警察のイメージを傷付けた」として処分を受けた警察官は252人。金銭の受け取りや背任も多くを占めた。

このような状況に関し、ある大学教授は「警察を含め、市民の公的機関に対する信頼は低下の一途をたどっている」と指摘する。警察については「試験成績を重視する現行制度に問題がある」との見方が出ており、警察幹部の責任感欠如、個人のキャリアアップを第一に置く組織文化、たるんだ業務システムが不祥事頻発の主な原因とみられている。(翻訳・編集/野谷)