Cセグメントのホットモデルとして、BMWが2ドアクーペのM2クーペを日本に上陸させたほか、限定車ですがフォルクスワーゲン・ゴルフのGTI Clubsport Track Editionが登場するなど、同セグメントには走りを強調したモデルが輸入車を中心に多彩に揃っています。

1

なかでも刺激的な走りという意味で、非常に分かりやすく伝わってくるのがメルセデスAMGのA 45 4MATIC。

7月20日、特別仕様車の「メルセデスAMG A 45 4MATIC Racing Edition」を発表し、全国限定合計100台で注文受付を開始しました。発売は8月上旬が予定されています。

「メルセデスAMG A 45 4MATIC Racing Edition」は、「メルセデスAMG A 45 4MATIC」をベースに、装備のスリム化を図ることで量産2.0L最強となる381psを発揮するエンジンパフォーマンス、そしてセグメント・ナンバー1となる0-100/h加速4.2秒という圧倒的な動力性能をベース車同様に享受できます。

なお、ベース車から廃止される装備は、シート素材(レザー/パワーシート→DAINAMICA/マニュアルシート)、COMANDナビゲーション&TVチューナー、キーレスゴー、リヤアームレストなどとなっています。ボディカラーは「コスモスブラック」が50台限定、「カルサイトホワイト」が50台限定で、内装色は「ブラック(レザーDINAMICA)」。

「メルセデスAMG A 45 4MATIC Racing Edition」の価格は583万円で、720万円のベース車から137万円安くなっています。

(塚田勝弘)

激安のAMG!137万円プライスダウンしたメルセデスAMG A 45 4MATIC Racing Editionの価格は583万円(http://clicccar.com/2016/07/21/387382/)