マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道建設計画の受注競争が熱を帯び始めている。同計画には日本と中国のほか、韓国なども入札の意向を示しており、すでに水面下では激しい受注競争が繰り広げられている。(イメージ写真提供:(C)Xie Fei/123RF.COM)

写真拡大

 マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道建設計画の受注競争が熱を帯び始めている。同計画には日本と中国のほか、韓国なども入札の意向を示しており、すでに水面下では激しい受注競争が繰り広げられている。

 中国メディアの緯度財経はこのほど、同計画は実質的に「日本と中国の受注競争となる」と主張し、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画を中国に奪われた日本は「背水の陣」で臨んでくるはずだと警戒心を示した。

 記事は、日本と中国は世界の高速鉄道産業をリードする立場にあるうえ、日本にとっては今回の計画を受注できれば今後の輸出に弾みがつくと指摘し、だからこそ日本は必死で受注を目指すはずだと主張した。

 続けて、世界各国の高速鉄道技術は「実際のところは大きな差はない」と指摘する一方、クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画において、もっとも相応しい技術を持つのは中国であると主張。その理由は「海南島に高速鉄道を建設し、運営している経験があるため」と伝え、こうした経験こそ中国にとって今回の受注競争における強みであると論じた。

 一方で記事は、新幹線の中国高速鉄道に対する強みは「安全性」しかないとする一方、中国とマレーシアは貿易面でも密接な関係を築いているほか、中国企業のマレーシアへの投資も近年増えていることを指摘。また、マレーシアにとって非常に重要な要素である「資金、コスト面」においても、中国高速鉄道の建設コストの安さは魅力であるに違いないと主張、受注に向けて大きな自信を示した。

 ジャワ島の高速鉄道計画では、受注後に中国がインドネシア政府に提出した書類は多くの不備があったことが指定されているほか、土地の買収なども杜撰で現地の人びとからは不満の声が上がっているとの報道もある。中国高速鉄道にコスト面の強みがあるのは事実だが、高速鉄道を建設することで現地に経済発展をもたらせるのかどうかは未知数であり、そうした意味では中国にはまだ実績は何もない状況といえる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Xie Fei/123RF.COM)