食べたらこうなる? 「氷点下のキットカット」の店では、冷え冷え撮影体験もできる

写真拡大

暑いから、よ〜く冷えたチョコが食べたい……というスイーツ派の願いがかなう未来まであと2週間となった。キンキンに冷えた「マイナス196℃のキットカット」が8月5日(金)〜16日(火)の期間限定で登場するのだ。

【写真を見る】瞬間冷凍! 「マイナス196℃のチョコ」で目も舌も超クールに

開発したのは「キットカット」(ネスレ)と「ル パティシエ タカギ」の高木康政オーナーシェフ。チョコレートを知り尽くした両ショコラティエならではの発想で、チョコレートを液化ちっ素を使って瞬間冷却する「氷点下ショコラトリー」を考え出した。これにより、今までにない口どけを楽しめる、新感覚のチョコレートが誕生した。

食べられるのは専門店「キットカット ショコラトリー ワンダーランド」(東京・代官山)。店内では、キットカットの上にフルーツやナッツなどをトッピングして、特製デザートソースをとろ〜りオン。そのあと専任スタッフに液化ちっ素で急速冷凍してもらうと、かつてないプレミアムなマイナス196℃チョコレートになる。店内ではこの「氷点下ショコラトリー」を口に含んで記念撮影できるフォトブースもあり、親しい友人や家族で行くと、かなり涼しげで珍しい写真が撮影できるようだ。

期間内に店舗に行けないけれど気になる人は、自宅で冷凍して食べるチョコ「キットカット ショコラトリーサブリム Tasty in FROZEN」(8月1日からオンラインショップで限定発売)で甘い涼を味わってみよう。こちらも高木シェフとキットカットの共同開発で、新感覚の口どけを楽しめるという。7月22日からは大丸東京店でも購入できるので、帰省土産にしても盛り上がりそうだ。

今しかできない甘〜いひんやり体験、トライしてみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】