男性が「Eカップ」を疑似体験したら 苦しむ表情がリアル・・・

写真拡大

バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。

その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッティング力の評価が高く、“プラスサイズ”に特化したブランド「PrimaDonna」が、こんな広告動画を打ち出しました。

1日「Eカップ」体験。

「男の国際Eカップデー」と名付けられたこの日。同社の男性社員たちが着用を義務付けられたのは、“プラスサイズ”の重みが存分に味わえるジャケット。

これをぶら下げて1日働いてもらおうと言うわけです。

テーブルにのっけちゃう人も。

みんな肩にキテいる様子。作業をするときはもちろん、休む暇なく食い込んでくるブラひもの拷問。表情が渋いですね。ソレもそのはず。

アザができるほど痛い!

その重さ、1~1.5kg。数字だけみるとイメージがつきにくいかもしれませんが、赤アザに苦しむ男性の顔を見れば一目瞭然。確かに揺れますもんね。その分摩擦があるのかも。これは痛そう。

実際、この重量負荷によって体にも様々な影響があることが幾つもの研究でわかっているそうです。

重くてつらいんです。

同社によれば、Dカップ以上になると姿勢が悪くなりやすく、背中や首への負担も増大。ブラひもの食い込みもきつくなった結果、頭痛にも繋がるそう。そのほかお腹が痛くなったりといろいろな問題を引き起こしかねません。

だからこそ、体にフィットするブラをつけることが大切だよというメッセージなのでした。男性と女性ではお互いにうまく説明できない感覚が多々あるものですが、この1日は結構効くでしょうね…。

Licensed material used with permission by PrimaDonna