DF植田直通、ネイマールとのマッチアップに闘志「楽しみでしかない」《リオ五輪》

写真拡大

▽U-23日本代表は20日、8月にブラジルで開幕するリオ・デジャイネロ オリンピックに向け、千葉県内で離日前最後の国内練習を実施した。

▽トレーニング終了後、ミックスゾーンで記者の囲み取材に応じたDF植田直通(鹿島アントラーズ)は、本大会への危機感を募らせつつ、チームの結果はもちろんのこと、個人としても世界の舞台でチャレンジしていきたいと意気込んだ。

◆DF植田直通(鹿島アントラーズ)

――リオ五輪に向けて

「少し危機感はある。あっちに入るまでの準備もすごい大事だし、これから移動も長くなる。そこらへんに関しても色々なレクチャーを受けました。言われたことをしっかりとやっていって、コンディションを保って向こうに着けばいいなと思います」

――個人的に考える体調の管理方法について

「試合に入るまでにしっかりとコンディションを上げておきたい。試合間隔も中2日なので、どれだけ上げていけるかが試合の勝敗を分けてくると思っています」

――本番前に対戦予定のネイマール擁するU-23ブラジル代表戦について

「イメージというか、楽しみでしかないです。誰もが知っている世界のトッププレーヤーを間近で見てみたいですし、自分がどのくらい通用するのか試してみたい」

――(グループステージ初戦の)ナイジェリア代表戦もフィジカル勝負になるシーンもあると思うが

「ナイジェリアは身体能力も技術も高い。日本としてはしっかりとした組織で勝負しなくちゃいけないですし、個人としても一対一のバトルなどどういうものが通じるのかやってみたい」

――自身にはディフェンスリーダーとしての役割もあると思うが

試合に出ようが出まいが、しっかりとチームの力にならないといけないと思っています」

――アジアカップでも共に戦ったDF塩谷司(サンフレッチェ広島)の存在は大きいのでは

「そうですね。まだ戦術的なことはやってないですけど、やり易いとは思います。それ以外にも、入ってきたことによって、みんな刺激を受けている。オーバーエイジだからといって、簡単にレギュラーを取れると思わせないぐらいのプレーをしなくちゃいけない」