室屋、“髪型”もナイジェリア戦でベストコンディションに!?

写真拡大

 昨日から始まったリオデジャネイロ五輪代表の国内最後の合宿。オーバーエイジ3選手も合流し、五輪に向けてのチーム作りも最終局面を迎える。

 昨日、予防接種を受けたDF室屋成(FC東京)は、合宿初日は別メニューでの調整となったが、ホテルでオーバーエイジの選手とコミュニケーションを取ったようだ。「3人ともすごく話しやすいし、周りにすごい声を掛けてくれているので、普通に溶け込んでいます」とコミュニケーションの部分は問題ないとした。

 DF塩谷司(広島)とDF藤春廣輝(G大阪)は、両SBをこなす室屋にとってポジションを争う選手となる。「まずはチームが勝つことが一番重要。その中でオーバーエイジの選手がいるのは心強い」と話しつつも、「そういう選手を参考にして、僕も試合に出るためにアピールしていきたい」と本大会でピッチに立とうと意気込んでいる。

 合宿初日に手倉森誠がコンディションの重要性を説いたように、過密日程で行われる本大会ではコンディション調整の差が勝負の別れ目になってもおかしくない。それは室屋自身も重々承知しており、「ブラジルに移動してから、コンディション作りが大事になってくるので、向こうで試合に向けて調整したい」と力強く答える。

 8月4日に行われる本大会グループリーグ初戦ナイジェリア戦に向けてコンディションを上げていくことになるが、その時には短く切った髪型もベストに近付いているようだ。「ブラジルでベストコンディションになるために、短く切りました。2週間後、良い感じになっていると予想します」と笑って答えた。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集