薄い伝票も長いレシートもOK!なんでもデータ化できる万能スキャナ

写真拡大

名刺や会議の資料、新聞の切り抜き…放っておくと知らないうちにあふれかえる書類の山。手軽にスキャンしてデータ化できたら便利ですよね。とはいえ、薄かったり小さかったり幅広だったりと、スキャンしたい紙の形もそれぞれ。エプソンから7月28日に発売される新型ドキュメントスキャナは、そんなサイズや紙質に関係なく、何でもデータ化できちゃう便利なスキャナなんです。

ペーパーレス化を目指すならコレ!

エプソンA4シートフィードスキャナ「DS‐570W」(予想実勢価格:4万8500円前後)は、レシートや薄い伝票、カード類など幅広い種類の紙のスキャンが可能。A3やB4といった大きな紙も、折り畳んでキャリアシートに挟めばデータ化できるスグレモノ。

20160720_EPSON02

しかもWi-Fi対応で、スキャンしたデータはスマホやタブレットに直接送信でき、外出先でも手軽に確認できます。NFCを搭載しているので、PCがなくてもスマホをかざすだけWi-Fi接続の設定は完了。

20160720_EPSON03

さらに、読み取ったデータを低容量に圧縮して転送することにより、高速転送も実現。読み取り開始からファイル生成までの一連の読み取り処理時間を短縮できます。

コンパクトな筐体ながら、オフィス用途や書籍など、ボリュームがある原稿のスキャンに十分な最大50枚までの給紙が可能。モノクロ写真や文字も美しく読み取ります。

20160720_EPSON00

名刺も新聞の切り抜きもプレゼン資料も、仕事で発生した文書はすぐにスキャンして、デスクを占拠する書類はすっきり処分。書類の一括管理も実現して、仕事の能率もアップしませんか。ペーパーレス化を目指すなら、万能なドキュメントスキャナが安心です。

エプソン「DS‐570W」>> http://www.epson.jp/products/scanner/ds570w/

(文/&GP編集部)