自分で樽からたっぷり注げるグラスワインが人気! 代官山のビストロ「ル・コントワール・オクシタン」

写真拡大

東京・代官山にある「LE COMPTOIR OCCITAN(ル・コントワール・オクシタン)」は、南仏ランクドック地方の料理とワインを満喫できるビストロ。自分で樽から直接注げるグラスワインが人気です。ほかにもたくさんある、こちらのお店の魅力にせまってみましょう。

まるで南仏にいるみたい。緑に囲まれたフレンチビストロ

東急東横線・代官山駅から徒歩3分のところにある、「ヒルサイドテラス」。そのA棟に「ル・コントワール・オクシタン」はあります。
『ミシュランガイド東京』で星を獲得した老舗フレンチ「レストラン パッション」のフランス人オーナー、パッション氏が手がけるビストロです。主にパッション氏の故郷、南仏ランクドック地方の料理やワインが楽しめます。

大きなガラス窓からは自然光がたくさん入ってきて、とても居心地の良い空間。窓の外には緑がたくさんあり、まるで南仏にいるような気分になります。

緑に囲まれたテラス席も素敵。これからの季節、木漏れ日の中でランチやアペリティフをいただくのも気持ち良さそうですね。

17時までゆっくり楽しめるランチ

人気のランチは、「本日のランチ(パン付き)」(1000円)。平日だと、さらにサラダとドリンクも付きます。
こちらのランチセットで選べるメインディッシュは、「ロックフォールとほうれん草のキッシュ」や「本日のグラタン」、「本日の煮込み料理」など、10種類以上あるんですよ。

この日は、「ロースト料理」の「自家製ソーセージ、ポテトロスティ添え」を選びました。外はカリカリ、中はホクホクのポテトロスティと一緒に食べる、ハーブ入りの粗挽きソーセージはとてもジューシー。シャキシャキした歯ごたえの紫キャベツのマリネともよく合います。

ずらりと並んだワインの樽。自分で直接注げるのが魅力

エントランスの近くには、ワインの樽がずらり。グラスワイン(800円)をオーダーすると、好みのワインを1種類選び、樽から直接注げるんです。グラス1杯に入る量なら、好きなだけ注いで良いのだそう。ワイン好きにはたまりませんね。

今回は、2013年の「カネ・ヴァレット アントニウム」をチョイス。ラングドック地方のA.O.C.ワインで、造っているのはこの地方で最も知られている造り手の一人です。
きめ細かいタンニンと、酸の優しい余韻が心地良い、フルーティーで華やかな赤ワインでした。

デザートの種類も豊富

デザートをオーダーすると、全種類のケーキをのせたトレーをテーブルまで運んでもらえます。アイスやソルベなどもあり、どのデザートも一律480円というのがうれしいところ。

ここはやはり、南仏オック地方の「オクシタン・タルト」をオーダー。5種類のドライフルーツとナッツがのった、バターの良い香りがするしっとりとしたタルトです。

南仏の雰囲気ただようビストロで、本格フレンチを気軽に楽しみたいという人は、ぜひ「ル・コントワール・オクシタン」へ。犬の同伴可なので、愛犬と一緒に訪れるのもおすすめですよ。

ことりっぷの最新記事