「パルコミュージアム」が渋谷から池袋に移転 展覧会第1弾は安野モヨコ

写真拡大

 渋谷パルコの一時休業に伴い、「パルコミュージアム(PARCO MUSEUM)」が池袋パルコに移転し、9月1日にリニューアルオープンする。オープニングは漫画家の安野モヨコの全仕事を網羅する初の大規模展を企画し、同時刊行の作品集が会場限定で販売される。 パルコミュージアムが池袋に移転の画像を拡大

 池袋パルコ本館7階に新たにオープンする「パルコミュージアム」の面積は約296平方メートル。展覧会第1弾となる安野モヨコ展「『STRIP!』PORTFOLIO 1996-2016」では、「ハッピー・マニア」や「働きマン」「シュガシュガルーン」といった人気作品や、現在執筆継続中の「オチビサン」「鼻下長紳士回顧録」など20年超の画業から厳選された原画を展示するほか、同展のために描き下ろした新作も披露する。アートディレクションは吉田ユニが担当。画集は単行本未収録でファンの間で「幻」と称されてきた「さくらん」第2部の原稿を掲載する。■パルコミュージアム(PARCO MUSEUM)開館日:2016年9月1日(木)所在地:東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ本館7階施設面積:約296平方メートル営業時間:10:00〜21:00定休日:不定休■安野モヨコ展 「STRIP!」PORTFOLIO 1996-2016会期:2016年9月1日(木)〜26日 (月) 会期中無休   10:00〜21:00 ※最終日は18:00閉場/入場は閉場の30分前まで入場料:一般500円 ・ 学生400円 (税込) 小学生以下無料オフィシャルサイト