Twitter、認証バッジのリクエスト受付を開始。アカウント認証申し込みのしかた

写真拡大

Twitter がアカウントの認証リクエスト受付を開始しました。これまではTwitter側の判断を待つしかなかった本人確認の証「認証済みバッジ」が、個人や企業の側から請求できるようになります。

ツイッターの認証済みアカウントは、アーティストや政治家、各種の企業やブランドなど広く一般から注目されるアカウントのうち、Twitter社によって本物だと認められたもの。認証済みアカウントには、名乗っているとおりの本人であることを証明する青いバッジがつきます。

フォロワーが多くなりすましが現れるような著名人や、Twitterで広く一般ユーザーとやりとりする企業やブランド、ビジネスにとって、本人かどうかの証明が重要なことは言うまでもありません。

しかし従来は青バッジが欲しくてもTwitter側から謎の基準でお声がかかるのを待つしかなかったため、「どうしてこのアカウントは認証済みなのに、もっと有名なこちらは認証がないの?」と不思議に思う状態が続いていました。

今回 Twitterがついに「アカウントの認証リクエスト」受付フォームを開設したことで、必要なユーザーはみずから身分と青バッジが必要な理由を伝えて認証要求を送れるようになります。

認証フォームはこちら(Twitter)

認証リクエストにあたって必要なのは、

認証済みの電話番号

確認済みのメールアドレス

自己紹介

プロフィール画像

誕生日(会社名、ブランド、または組織以外のアカウントの場合)

ホームページ(ウェブサイト)

ツイートのプライバシー設定でツイートが公開になっていること

多数のユーザーから認識される人や組織が本物であるとお墨付きを与えることが目的なので、ツイートが非公開の鍵アカウントは対象になりません。またツイート以外に本人の管理するウェブサイトも必要です。

こうした情報を揃えたうえで、なぜ自分のアカウントが認証される必要があるのか、個人の場合は自分が活動する分野でのインフルエンスについて、企業の場合はどういったミッションの企業なのかをTwitterに知らせます。そのうえで本人確認のため、身分証明証のスキャンをアップロードするよう求められる場合もあります。(リクエストしている先が本当にTwitterかどうか、くれぐれもご注意ください)。