「週刊少年ジャンプ」で連載中の冨樫義博先生による人気マンガ『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』。先日、約1年8カ月ぶりの連載再開からわずか3カ月で、またしても休載が発表され、大きな話題をさらったばかりだ。

 そんな同作のキャラクター・クラピカのフィギュアが「プレミアムバンダイ」から受注生産で発売され、Twitter上で話題となっている。

 こちらのフィギュアは、「感情が高ぶると瞳が緋色に変化する」というクラピカの特異体質を再現したもの。しかし、投稿者のもとに届いた実物は、なぜか顔全体が真っ赤に光り輝いている。

 そのほかのTwitterユーザーからは「激おこぷんぷん丸」「赤っ恥状態」といったツッコミのほか、「暗いところでピカッと光る」という冗談まで飛び出している。

 ちなみに、「プレミアムバンダイ」は過去にも、主人公ゴン・フリークスの斬新なフィギュアが登場し、発売前からTwitter上でクソコラ祭りとなったことも…。また、股間が光るヒソカやビスケの“元の姿”など、独創性に富んだ造形化がネット上でたびたび話題を呼んでいる。

 残念ながら、こちらのクラピカフィギュアはすでに予約終了。今後『HUNTER×HUNTER』のどのキャラクターがどんな姿でフィギュア化されるのか、次回作も目が離せない。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら