バッグが届かないと不安でいっぱいの選手会長、ぶっつけ本番でどこまでいけるか(撮影:ALBA)

写真拡大

<ダンロップ・スリクソン福島オープン 事前情報◇20日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード ・パー72)>
 先週海外メジャー「全英オープン」に出場していた宮里優作。昨日日本に帰国したが、なぜかキャディバッグが同じ便に乗っていなかった。
男子ゴルファーの活躍をフォトでチェック!
 
 グラスゴー空港からヒースロー空港を経由して羽田につく予定だった宮里。クラブたちがヒースローについたのまでは確認していたが、「そこでどっかに行っちゃったみたいで…」。幸いバッグは見つかり、宮里が乗った飛行機の24時間後の便で羽田に到着予定でマネージャーが取りに行くという。
 そのため今日ハーフだけでも回ろうと思っていたが練習ラウンドも取りやめに。人生初という「ぶっつけ本番」で臨むこととなってしまった。今日キャディがコースを確認し、「去年とそこまで変わっていなかった、という情報をもらっている」。だが、自分の手でコースの仕上がりを確認することはできていない。
 万が一予定通りバッグが届かなかった場合、各メーカーのツアーバンはすでに会場を離れているため貸しクラブでプレーすることに。多くの関係者が会した席で「もしかしたらここのコースのクラブで回ることになるかもしれません。その場合はダンロップさんのクラブでやらせていただきます」と冗談めかして笑いを誘ったがバッグは手元に戻ってくるのか。なお、契約を結んでいるボールは持っているため、クラブハウスのショップで買う必要はないようだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>