ヒト対ロボット、圧倒的なルービックキューブ対決の動画

写真拡大

プラハで開催されたルービックキューブの大会で、オランダのマッツ・ファルクが5.13秒で完成させ、ヨーロッパ記録を更新した。0.887秒という新記録をつくったロボットの動画も紹介。

この文を最後まで読むまでの間に、「スピードキューバー」ことオランダのマッツ・ファルクは3×3のルービックキューブを完成させることができる。

「ヒト対ロボット、圧倒的なルービックキューブ対決の動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

ファルクは7月中旬、このパズルをわずか5.13秒で完成させ、ヨーロッパの記録と自身の記録を更新した。2014年の記録5.55秒を0.42秒短縮している。

ファルクがこの偉業を達成したのは、プラハで7月15〜17日(現地時間)に開催された「ヨーロッパ・ルービックキューブ・チャンピオンシップ」だ(ただし、このタイムは公式試合中に達成されたものではない)。

3×3キューブの公式試合で最も速く完成させたのは、過去に2回世界チャンピオンになっているオーストラリアのフェリックス・ゼムデグス(20歳)で、決勝戦で平均7.07秒を記録した。実のところ、ゼムデグスはこの大会で5つの記録を出している。内容は次の通りだ。

3×3キューブを片手で平均時間10.70秒で完成5×5キューブを平均時間49.32秒で完成6×6キューブを平均時間1分43.21秒で完成7×7キューブを平均時間2分25.06秒で完成7×7キューブを単独時間2分20.66秒で完成

ただしゼムデグスはヨーロッパの住民ではないため、ヨーロッパ・チャンピオンシップを勝ち取る資格はない。チャンピオンシップを獲得したのはドイツのフィリップ・ヴァイヤーで、平均完成時間は7.88秒だった。

ポーランドのヤクブ・キパは、足だけを使う試合で平均時間33.66秒で優勝した。ロシアのオレグ・グリツェンコは、目隠しをして19個のキューブを54分34秒で完成させている。

ヨーロッパ・ルービックキューブ・チャンピオンシップは年2回、これまでに7回開催されており、2016年の大会には43カ国から合計525人が参加した。

ファルクのタイムには感銘を受けるが、これも世界記録には及ばない。ティーンエージャーのルーカス・エッターは2015年11月、4.904秒という記録を達成している。

RELATED

だが、こうした超人的な記録もロボットには及ばない。

2016年1月23日には、ドイツのエンジニア、アルベルト・ベールが作成した機械「Sub1」が0.887秒でキューブを完成させ、それまでの記録を僅差で破った(以下の動画)。それ以前のロボットによる記録は、米国人のジェイ・フラットランドとポール・ローズが製作したロボットによる「0.9秒」だった。

正式なギネス世界記録のタイトル獲得に向けたこの挑戦は、ミュンヘンで行われ、記録は1カ月後に承認されている。

Sub1では2台のウェブカメラを使用して、キューブの6面すべての配置をイメージとして取り込む(これらの撮影は、記録挑戦の時間開始前に行われる)。そのあと、ハーバート・コチェンバやトマス・ロキッキといった数学者たちが開発したアルゴリズムを使って、キューブを完成させる最も速い方法が決定されるのだ。