トルコのクーデターはSNSから生まれ、SNSで失敗した

写真拡大

失敗に終わったトルコのクーデターは、メッセージアプリ『WhatsApp』で組織されたものだと伝えられている。一方、クーデターが失敗に終わった理由もまた、SNSの可能性を見誤っていたからだった。もはやテレビよりも強力な通信手段といわれるネットメディアの活用が、変革の成否を分けることを示している。

「トルコのクーデターはSNSから生まれ、SNSで失敗した」の写真・リンク付きの記事はこちら

クーデターは『WhatsApp』から生まれた

トルコにおける複数の報道によると、7月15日(現地時間)の夕刻に始まり、その後失敗したトルコでのクーデターは、エンドツーエンドで暗号化されたモバイルメッセージアプリ『WhatsApp』を利用して組織されたようだ。

共謀者のひとりは、サイバー作戦の専門家と見られているトルコ軍大佐だった。アフメット・ゼキ・グレハンは、トルコ陸軍士官学校の運用支援・情報部長で、サイバー戦争に関して多数の記事を執筆している人物である。

グレハンは、中央集権化された指揮制御システムに対抗するかたちで『WhatsApp』などのテクノロジーが効果的に活用できることを理解していた。彼は2015年、『National Security and Military Science』誌が開催した国際リーダーシップ・シンポジウムにおいて、トルコ陸軍士官学校の学生とともに共同執筆した研究論文「Security and the Environment of Future Military Operations」(今後の軍事作戦に関するセキュリティーと環境)を発表している。

グレハンは、21世紀における軍事衝突の要因として、「サイバー戦争が決定的要因となる可能性がある」と記している。共同執筆者として発表したほかの論文でも、「選挙や自然災害の際に、ソーシャルネットワークの力は、『報道機関から人々へ』という従来の一方通行型メディアのあり方を変えられることを証明した」と指摘している。

報道によると、クーデターに関わった将校たちは、「われわれは平和の国だ」という名前の『WhatsApp』のグループチャットで、一刻一刻の情勢をレポートしていたそうだ。

RELATED

SNSはどちらの陣営もが使えるツールである

クーデター共謀者たちは、作戦を行うにあたってメッセージアプリを使用したにもかかわらず、そうしたSNSが自分たちに不利に使用される可能性があることは考慮できていなかった。

クーデター発生にともない帯域幅が狭められて通信速度が遅延した状況のなか、トルコのエルドアン大統領はアップルの動画通信アプリ『FaceTime』を使用して、少なくとも2局のテレビ局に接触している。市民たちに対して、クーデターに対抗するために街頭で抗議をするよう呼びかけることに成功した。

エルドアン大統領のメッセージはモスクにも届いた。公共の放送システムが、大統領の支持者に対して、クーデターたちの部隊と闘うことを促すために使用されたのだ。

計画に関する情報の漏えいを恐れたために急いで実行されたと報じられている今回のクーデターは、トルコ国営放送(TRT)とケーブルネットワークCNNのトルコ支局を掌握したことから始まった。だが、多数存在するほかの放送局に対しての動きはなかったし、ソーシャルメディアも使用できる状態のままだった。

テレビよりもインターネットのほうが強力な通信手段である

「The Grugq」と名乗る情報セキュリティーの専門家がMediumの投稿のなかで指摘しているように、クーデター首謀者たちが失敗した大きな原因は、ソーシャルメディアの可能性を考えなかったことだった。また、エルドアン大統領を捕らえることに失敗し、大統領の『FaceTime』を使ったテレビ局への接触を許したことで、政府に市民抗議デモを呼びかけるチャンスを与えてしまった。

The Grugqが目撃したタイにおける成功した2つのクーデターと比較すると、トルコのクーデター共謀者たちは、サイバー計画で根本的なミスを犯していたという。タイのクーデターでは、軍部が通信手段を閉鎖、あるいはバンコク市内全域への電力供給を切断していたのだ。

「単にテレビ局を占拠するだけでは十分ではない」と、The Grugqは記している。「テレビよりもインターネットのほうが強力な通信手段であり、回復力を備えている。特に、ITの普及した国では」