6月の訪日外国人数は前年同月比23.9%増の198万6000人と、6月として過去最高を更新した。このうち中国は26.0%増の58万2500人。1〜6月累計では前年同期比41.2%増の307万6000人と早くも初の300万人の大台に達した。資料写真。

写真拡大

2016年7月20日、日本政府観光局が発表した6月の訪日外国人数は、前年同月比23.9%増の198万6000人と、6月として過去最高を更新した。中国や韓国など東アジアからの訪日客が引き続き増加。熊本地震による影響が和らいだことも寄与した。今年1〜6月累計の訪日外国人客数は1171万4000人と、6月に入り1000万人を超えた。

6月の国・地域別統計では、トップは中国で、26.0%増の58万2500人。3カ月連続で50万人を突破するなど好調を維持。1〜6月累計では前年同期比41.2%増の307万6000人と早くも初の300万人の大台に達し、年間で600万人を超える勢い。次いで台湾が同15.2%増の39万7800人、韓国は同38.1%増の34万7400人だった。韓国は「熊本地震」の影響により、5 月の訪日者数が前年同月比4.2%減となったが、急回復した。

日本政府観光局によると、夏休みシーズンの開始と継続的な訪日旅行プロモーションの展開、クルーズ船の大幅な寄港増加などが、訪日外国人が増加した要因となった。

7月は年間を通じて最も訪日外国人数が多い月で、東アジアから多数のクルーズ船の寄港が予定されており、マレーシアやインドネシアではラマダン明けの旅行シーズンを迎えることから、訪日客は増加すると見られる。(八牧浩行)