京都で舞鶴赤れんがサマーイルミネーション2016開催!赤れんが100年の歴史を投影のキャッチ画像

写真拡大

夏の夜を彩る「舞鶴赤れんがサマーイルミネーション2016」が、2016年7月16日(土)から開催されています!期間は7月31日(日)までです。会場は京都府舞鶴市の「舞鶴赤れんがパーク」。入場は無料です。期間中は赤れんが倉庫の壁面がスクリーンに見立てられ、プロジェクションマッピングが投影されます。音楽とともに押し寄せるさまざまな映像やカラフルな光に包まれて、夢のようなひとときを過ごしましょう。

●会場の「舞鶴赤れんがパーク」について

京都府舞鶴市は日本海に面する海軍ゆかりの街です。約100年前に海軍施設として建設された赤れんが倉庫が、現在も12棟残されています。2012年には「舞鶴赤れんがパーク」として開放され、舞鶴市の「赤れんがを生かしたまちづくり」に活用されているスポットです。この赤れんがパークを舞台に、2016年7月16日(土)から31日(日)まで「舞鶴赤れんがサマーイルミネーション2016」が行われます。

どんなイルミネーションを楽しめる?

「舞鶴赤れんがサマーイルミネーション2016」は、「赤れんが100年の鼓動」をテーマに1日3回行われます。1回あたり22分、内訳はイルミネーション15分とメイン映像7分です。スクリーンは赤れんが倉庫の3・4・5号棟壁面。プロジェクターを22台使って、長さ約200メートル、高さ7メートルの壁面に映像を投影します。

・イルミネーション(15分)
星空、舞鶴の花・ツツジ、大きな水玉模様など複数の映像が音楽とともに投影されます。その光景は、赤れんが倉庫がイルミネーションでラッピングされたかのようです。メイン映像の幕間に投影されます。
・メイン映像(7分)
赤れんが倉庫の3・4号棟回廊から鑑賞できる3Dマッピングです。映像は舞鶴がテーマ。赤れんが倉庫がつくられた約100年前、日本が躍動の時代にあった明治から大正をイメージした映像が投影されます。立体的でダイナミックな映像は、こちらに迫ってくるような迫力です。

開催期間中は「赤れんがパーク」内の芝生広場で、軽食やドリンクを販売する「キッチンカー」と「BRICK HOUSE」が夜間営業します。ドリンク片手に光の回廊を歩き、イルミネーションを楽しみましょう!

イベント概要
名称:舞鶴赤れんがサマーイルミネーション2016
期間:2016年7月16日(土)〜31日(日)
開催場所:舞鶴赤れんがパーク3・4・5号棟
所在地:京都府舞鶴市北吸1039-2
アクセス:
【電車の場合】舞鶴線「東舞鶴駅」から徒歩約15分
【車の場合】舞鶴若狭自動車道・舞鶴東ICから約10分
開催時間:
1回目19:30、2回目20:00、3回目20:30※上映時間は1回22分
※7月18日(月)と31日(日)は1回目20:30、2回目21:00、3回目21:30
料金:無料
公式サイト:http://akarenga-park.com/(舞鶴赤れんがパーク)