メルセデスはゴルフカートを「セクシー」にすることに成功した

写真拡大

メルセデス・ベンツが、これまで想像もできなかった「スポーティーなゴルフカート」をつくった。オシャレなタイヤとカーボンファイバーの屋根を備えた「メルセデス・ベンツ・スタイル・エディション・ガリア・ゴルフカー」を紹介する。

「メルセデスはゴルフカートを「セクシー」にすることに成功した」の写真・リンク付きの記事はこちら

テスラ・モーターズが登場するまで、電気自動車は「ゴルフカートみたい」という嘲笑を受けていた。テスラは、EVもかっこよくてセクシーになりうることを初めて証明したのだ。

メルセデス・ベンツはいま、その逆をゴルフカートで行おうとしている。みすぼらしいゴルフカートがセクシーになりうることを証明しようとしているのだ。

「メルセデス・ベンツ・スタイル・エディション・ガリア・ゴルフカー」は、オシャレなタイヤとカーボンファイバーの屋根を備えたゴルフカートだ。メルセデス・ベンツは「スポーティーでバランスに優れている」とそのゴルフカーのことを説明するが、それはまるでスポーツカーに対する形容のようだ。

しかし当然のことながら、後部のスポイラーはゴルフバッグ入れを兼ねている。

車内には10.1インチのタッチ画面があり、コースマップとスコアカードが表示される。スポーツモードとエコモードの選択もできるし、距離の記録も取れる(時速は約30km/h)。

革製シートの下には小型冷蔵庫があり、ビールを冷やすことが可能だ。カップホルダーがあるので、乗車時にビールが倒れることもない。

価格についてはまだわからないが、値段を尋ねるような人が購入できるものではないのだろう。

RELATED