夏は美肌が手に入りやすい季節だった!日焼け止め+αのケアで肌トラブルゼロへ

写真拡大

日焼けや毛穴の開き、乾燥など、夏の肌トラブルに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

【UV対策】いま買うべきはコレ! ドラッグストアで買える「進化型日焼け止め」4選

ですが、decenciaがおこなった調査によれば「夏は美肌が手に入れやすい季節」ということが分かっています。

本当に美肌が手に入れやすい季節なのかも含めて、夏の肌ケアのポイントをご紹介します。

夏は美肌の条件が揃っている!

美肌には、外的要因と内的要因の2つが揃っている必要があります。

外的要因とは、肌の潤いを守る理想的的な湿度であるかどうかが重要です。実は、7月・8月は年間で一番湿度が高いため、美肌の条件をクリアしています。

次に、内的要因ですが、これは肌の角層状態を指します。ポーラが20〜60代の女性を対象におこなった調査で「角層細胞の状態が良く、最も角層が良好だった季節は7月・8月」という結果が出ています。

つまり、夏は美肌の季節なのです。

にもかかわらず、decenciaが30〜40代女性162名に「夏は肌トラブルが多く、美肌になりにくいと思いますか?」と質問したところ、全体の97%が「はい」と回答しています。美肌の条件は揃っていても、夏に手にいれるのは不可能と考えている女性が多いのです。

夏の美肌を邪魔するのは、紫外線!

そこで「(夏の)肌トラブルの原因はなんだと思いますか?」と聞いたところ、全体の90%が「紫外線」と回答!

特に7月・8月はUV-A、UV-Bともに高く、日焼けのようにすぐに肌表面にあらわれるものだけでなく、シワやシミ、たるみなどの後からくる肌トラブルも多いとされています。

つまり、紫外線ケアをしっかりとすることができれば、夏に美肌を手にいれることが可能ということではないでしょうか?

万全の紫外線対策で、一気に美肌へ

(1)SPF50+ PA++++の日焼け止めで、紫外線予防を

まずは、紫外線を浴びないことが鉄則です。そのためにも、日焼け止め効果のあるメイク用品へとシフトしましょう。

サエル ホワイト CCクリーム クリアリストは、SPF50+ PA++++処方に加え、「外部刺激ブロック」「くすみの3原色ケア」「保湿効果」「化粧下地」「薄化粧効果」「紫外線カット」「環境ストレスカット」と1品7役の万能CCクリームです。

ディセンシア独自の外部刺激ブロック・浸透保湿技術を採用しており、紫外線吸収剤もフリーなので敏感肌の方でも使用しやすいのが特徴です。テクスチャも軽いため、特に焼けやすい頬などに重ね塗りしやすくなっています。

もちろん、顔だけでなく、首や腕などにもしっかりと日焼け止め効果のあるクリームを塗り、日焼け防止も保湿もしっかりとおこなうのを忘れないようにしましょう。

(2)コラーゲン食材を積極的に摂る

紫外線のUV-Aでダメージを受けるのが、コラーゲン。コラーゲンは年齢とともに体内での生成力が衰えていきます。ですから、コラーゲンの元となるタンパク質が豊富な鶏肉や魚を積極的に摂るように心がけましょう。

他にも、美肌効果の高いとうもろこしやレモン、はちみつも普段の食事にぜひプラスしてみてください。

(3)お手入れに、美容液と“引き上げ”をプラス

夏の間は普段のお手入れに“美白美容液”をプラスしましょう。それが面倒くさいという方は、シミの生成は紫外線を浴びてから約3日後から始まるといわれていますから、紫外線を浴びたと感じる時だけでもプラスするようにしてください。

また、じわじわと肌にダメージを与えるUV-Aケアのためにも、お手入れの最後は手のひら全体でフェイスラインを包み込み、優しく引き上げることも忘れずに。日々の積み重ねが、シワやたるみを予防してくれます。目頭や目の下、眉下のツボを刺激するのも効果的です。

紫外線対策さえしっかりとおこなえば、美肌が手に入りやすい夏。毎日のメイク前や食事、寝る前のお手入れにUV対策をプラスして、周りの目を引く美肌を手に入れましょう。